menu

天地無用(目的と手段)

こんにちは、duckです。

以前から、自分も含めて多くの人がハマっている罠があります。

目的と手段を履き違える

というモノです。

例えば、大人数で作業を行うとき、品質を安定させるために作業手順の標準化を行ったとします。
すると、いつの間にか標準化された手順を遵守することが目的になっています。

この例では本来、

品質の安定(=最低品質の確保)が目的
標準化された作業手順に従うことは手段

となります。

私の知る限り、このようなケースでは、標準化を行った人にしか目的が浸透していないことが多いと感じます
つまり、標準化された後の結果だけを知らされた人は、本来の目的を共有できていないため、作業手順に従うことが目的になってしまうのです。

目的をしっかりと理解していれば、品質を向上させるための標準手順の変更は歓迎されることになります。
しかし、標準手順を遵守することが目的になっている人にとっては、素直に変更を受け入れることが出来ません。

『公式に手順書を変えないと、そんな変更認められないよ』

みたいなことを言う人が、正にその状態です。
こんな人がマネージャになっていたりすると組織が硬直化します
このご時勢、変化出来ない組織は消滅することを意味すると思うのですが

もうすぐ4月。
大きな会社では、組織変更も大きく発生することでしょう。
業務の引き継ぎも多数発生すると思います。

業務を人に渡すとき、あるいは人から引き受けるとき、何が手段で、何が目的なのかを正しく認識したいですね。

エンジンは完全に切らない

マシンモードと人間モード

関連記事

  1. 超一流の知識でなくて良い #455

    おはようございます。渋屋です。昨日はKさんとお茶をしながら、色々なお話をしました。 いく…

  2. 今年の一文字は「奇」 #341

    おはようございます。duckです。昨日は人間ドックの後、ひたすら仕事に集中しました。久々に終電近くま…

  3. 自責 #166

    おはようございます。duckです。昨日に引き続き、『7つの習慣』から気付いたことを。その前に、本書の…

  4. オススメの品 #418

    おはようございます。渋屋です。昨日は普段あまり一緒に仕事をしないメンツで、ミーティングを…

  5. 組織になるために #151

    こんばんは、duckです。昨日、チームが元気になるためには、小さな成功体験が必要だと書きました。では…

  6. 小さな組織に魅かれるワケ #385

    こんばんは。渋屋です。先日、興味深い話を聞きました。話し合いの限界は5人、ということです。6人以上で…

  7. その提案は相手の行動に繋がっているか?

    こんばんは、duckです。実務従事が続いています。実務補習は診断協会が、診断報告書のフォーマットなど…

  8. 子供の勇気

    こんばんは。先週、手術を受けた息子が、今朝無事に退院しましたそれが、我々両親の予想より、1日早ま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP