menu

マーケティングの習得を猛烈に勧める理由

「もっと会社を良くしたい。」
「独立・起業したい。」
「成長したい。」

このような方々に対して、私はもれなくマーケティングを学ぶことをお勧めしています。
本記事では、その理由を挙げてみました。

 

売れる会社(人)だけが生き残れる

毎年発行される「中小企業白書」には中小企業の倒産件数が書かれています。
倒産の原因、その圧倒的1位を保ち続けているのが「販売不振」です。
(しかも理由の6割以上で、2位以下に大差をつけています)

当然のことですが、売れなければ、利益を得ることはできません。
そしてキャッシュが回らなくなれば、倒産するのです。

逆に言えば、売れる会社(人)は生き残ることができます。
(実際は売れる”だけ”ではだめなのですが・・その点は本題から外れますので割愛します)

業界に関わらず、売れる人材は高い市場価値がつきます。
例えばコンサルティングファームで高い役職に上がっていく人は、
実はコンサルティングスキル云々よりも、売れるかどうかで決まっているように見えます。

また、人工知能が最も追随できないものの1つが「営業・マーケティング」だとも言われています。
会社としても、個人としても、生き残るには売る力、つまりマーケティングが必要なのです。

 

科学と人の心が交差する分野

マーケティングは「科学」です。
社内・社外の情報を収集し、仮設を立てて、対策を打つ。
起こった変化を観察して、その仮設が正しかったを確認していく。
そうやって、その会社にとっての必勝方程式(=売れる仕組み)を組み立てていきます。

科学ですから、才能のある天才だけが行えるものではなく、「再現性」があるものです。
ですから、学べば必ず身につけることができます。
この点が対面スキルを重視される営業(これも誤解なのですが)とは異なるところです。

一方でマーケティングは、「顧客の心」を読み取ろうとする活動でもあります。
これは私見ですが、人の心・感情と向き合うことは、これからのビジネスにおいて、ますます必要になることと思います。

正確に言えば、昔は人の心と当たり前のように接していました。
効率を重んじて、論理に偏りすぎた結果、人の心を蔑(ないがし)ろにしてしまった数10年。
ようやく、揺り戻しが来ていると感じるのです。

論理だけでなく、人だけでなく、両面をしっかり統合していくこと。
これからのビジネスには求められるでしょう。

 

あらゆる活動の元となる汎用性のある思考法

事業におけるあらゆる活動は、マーケティング的な思考法で上手く進めることができます。
例えば、採用活動などは、マーケティングの「ど真ん中」です。

ですから採用担当には、マーケティングスキルは「必須」と言えます。
(そのことに私が気づいたのは、独立してから採用支援の仕事をしたときだったのですが。)

別の例を挙げますと、「アジャイル開発」を実践する人たちには、マーケティング思考があると感じています。
「このソフトウェアは、お客様のビジネスにとって、どのような価値をもたらすのか?」
アジャイル開発では、日々この問いと向き合いますが、これはマーケティング思考そのものです。

ウォーターフォール型の開発が問題になりがちなのは、
一度、要件定義が終わって開発に入り始めたら、このような問いを忘れてしまいやすいからです。
アジャイルの現場では、「時間(工数)」ではなく「価値」を売ろうとする思考習慣が浸透していると感じます。

他にも、

「この会議はなんのためにやるの?」
「この活動の効果測定した?」
「私たちの成果って何だっけ?」

こういう問いは、全てマーケティング思考です。

このように、会社をより良くするにも、自分で新たな事業を起こすにも、
あるいは1人のビジネスパーソンとして成長するにも、
「マーケティング思考」を身に着けていることは、全ての土台になるのです。

私自身、独立してから今日まで事業を行ってこれたのは、
(周囲の方、お客様などの応援があったことが何よりですが)マーケティング思考があったからです。

ですから、事業の「礎(いしずえ)」づくりを支援する私としては、
マーケティングは、猛烈にお勧めせざるを得ない「思考法」なのです。

そんなマーケティングを学ぶ「トライアスロン経営塾」。
難しいマーケティング用語の連発はしません。

むしろ、問いは誰にでも分かるくらいシンプルです。
「トライアスロン」経営塾という名に恥じぬよう、アタマに汗をかいていただきます(笑)

あと2名で満席です。
参加される方の「思考法」だけでなく、「実践力」を高められるように、
カリキュラムづくりをしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
9月に入ってから11日続けていた有酸素系トレーニングが、昨日で途絶えてしまいました。
昨日はバイクのためのカラダづくりのセミナーに行ってきたので仕方ないのですが・・
ちょっと残念です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

マーケティングに必要な「あなたの事業ミッション」は何ですか?

私のブログがつまらない理由を発見しました

関連記事

  1. デジタルに傾倒しすぎるリスク(アナログの重要性を忘れてはいけない…

    デジタル、つまりITへの取り組みが、企業の明暗を分けています。ホームページを放置している会社…

  2. サービス業には絶対に必要な「価値の見える化」

    昨年の年末、お客様を訪問する仕事も終わり、少し気持ちが緩んでいたところ・・友人のメルマガで「銀行…

  3. 東京商工会議所にて、Webマーケティングのセミナー講師をしました…

    昨晩は東京商工会議所にてセミナー講師としてお話しをしてきました。タイトルは『ホームページ・ブログ…

  4. 売り方以前の商品・サービスづくり

    今日は中小企業診断士2次筆記試験の結果発表でした。6年前の今頃、勤めていたオフィスでガッツポーズ…

  5. スモールビジネスに「顧客管理」は必須である

    昨日は「ビジネスモデル別セミナー!士業におけるCRM活用のポイント」と題したセミナーを行いました。…

  6. マーケティングを実践する前に、最初にやるべきこと

    トライアスロン経営塾(マーケティング編)、残席2名となりました。お申し込み下さった皆…

  7. 「分かりにくさ」という参入障壁・ブルーオーシャン

    自社をアピールするには「分かりやすさ」が一般的に求められます。誰に向けて、どんなメッセージを…

  8. 世の中に似たような商品・サービスが溢れかえってしまう理由

    あるところで、新事業(商品)の企画を見比べていたことがあります。楽しみにしていたのですが、蓋を明…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP