menu

試験を受験するなら1日でも早く

そろそろ世の中が年末モードになっていると感じます。


来年の目標を考え始める人が多い時期なのではないでしょうか。

中小企業診断士に関して言えば、
来年の試験を受けるかどうか。

迷っている人も多い時期です。
実際、ここで決断する人に向けて、
予備校は売り込みをしてきます。

予備校にとっては、診断士の受験市場、
年明けが最も稼ぎどきではないでしょうか。


受験をするなら、1日でも早く始めること。

勉強は「複利の世界」です。

過去の学習の蓄積が、
次の学習に活きてきます。

積み重ねに積み重ねて、
土台を固めながら、
本番試験に対応していくのです。

複利が働くということは、
後になるほど学習効果が高くなるということ。

だから、1日でも早く全力で始めるべきです。


私の場合、2次試験(筆記)の直前期に
強烈に伸びた感覚がありました。

試験のコツを掴んだのでしょうか。
それまでに学習してきた何かが
カチッとハマりだしたのです。

予備校の答練の得点が安定してきて、
ひょっとしたら行けるかも、と思いました。

きっと試験日があと2週間、いや1週間早かったら、
合格できなかったでしょう。

それくらい試験はシビアです。
合格するか、合格しないかの2択しかないからです。

もし受験を決めたなら、
1日でも早くスタートダッシュしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

【私の履歴書】初めての管理職、マネジメントを考える

社内出世の議論はマーケット視点で見ると腑に落ちる

関連記事

  1. ヒヨコ食いを避けるために

    おはようございます。渋屋です。一昨日の記事(なぜ士業で「ヒヨコ食い」が起きているのか?)では、…

  2. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

  3. 勝手にメールを送りつける嫌がらせはしません

    色々なところで人と出会い、名刺交換していると、避けられない「迷惑」があります。■お願…

  4. 社長が欲しいのは売上

    中小企業の社長、特に自分で事業を立ち上げた創業社長には、その嗅覚に驚かされることが多々ありました…

  5. 夢を発掘するためのコンサルティング

    前回は、夢を見せることはコンサルタントの大切な仕事であることを書きました。■知識や体…

  6. 人を活かす意義:ドラッカー読書勉強会レポート

    昨日、3回目となったドラッカー読書勉強会を行いました。過去2回同様、今回もしびれました!…

  7. 資格の勉強を始める前に知っておくべきこと

    資格の勉強を始める前に、ちゃんと知っておいておくべきことがあります。でなければ、せっかく時間とお…

  8. 顧客の気持ちを理解するために何をしていますか?

    少し前から、事業が安定してきたので、学びへの投資を今まで以上に増やしています。ぶっちゃけ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP