menu

コンサルティングは体術である

LINEで送る
Pocket

最近、コンサルティングはつくづく体術だ、と思うようになりました。


スポーツにせよ、勉強にせよ、何か新しいスキルを身につけるには、
まずは頭を使って理解する必要があります。

子どもと脳の構造が異なる私たち大人は、
頭で理解してからでないと、身につかないからです。

しかし、どんなことでも上達するにつれ、
頭を使わずにできるようになっていきます。

すなわち、

1. 無意識的無能(分かってないし、それに気付いてもいない)
2. 意識的無能(分かってないことに気づく)
3. 意識的有能(頭を使えば何とかできる)
4. 無意識的有能(頭を使わなくてもできる)

の流れです。


コンサルティングも同じです。

どうやってコンサルティングを進めるのか?というプロセス、
あるいは、

  • 顧客が望む目標への出会い方
  • マインドブロックの見つけ方
  • 目標に向かうための行動の促し方

などなど。

最初は頭を使いながら進めなければなりませんが、
慣れていくにしたがって、頭を使わなくてもできるようになるでしょう。


逆を言えば、今、頭を使っていることに神経を使わなくて良くなるので、
別のことに頭を使えるようになるのです。
その別のことが何か、まだ分かっていませんが。

今の私には気付いていないことに頭を使って、
より顧客に成果を上げていただくための問いかけや
うながしができるかもしれません。

究極的には、目指すは「考えないコンサルタント」なのではないか?
ふと、そんなことを思いました。

コンサルティングは体術である。
だからこそ、もっと量稽古をしたい。
そんな風に考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

スマホ中毒者の激増を予想する理由

インサイトマップに来る顧客の傾向

関連記事

  1. 巨人の肩に乗る

    私たちは過去の偉人たちが生み出した思想や知識の上で生活しています。■アイデアを出すときも同じ…

  2. 直接営業、はじめの一歩

    士業の営業力について書き続けています。基本的に士業の営業力は致命的だということ。そして間接営…

  3. 左脳と右脳の両刀遣いでコンサルティングが変わる

    コンサルタントと言えば、左脳を使う論理的な仕事。「ロジカルシンキング」とか、外資系コンサルとかが…

  4. コンサルタントは労働集約な仕事

    コンサルティングだけをやっていると、自分の事業が労働集約型の仕事だとつくづく思います。私…

  5. 気づいてもらうのに必要なこと

    「教えないコンサルティング」シリーズが続いています(笑)■顧客の成果にフォーカスするから…

  6. 仕事は人の間で流れている

    独立を検討していた会社員の頃、ある方から「仕事は同じ層の人たちの中で対流している」…

  7. 自分なりの鉄板フレームワークを持っていますか?

    コンサルティングのスキルを上げるなら、何か頼りどころになるフレームワークがあると良いでしょう…

  8. 自分の強みは本当に分からない

    もう何度も何度も書いているネタですが。■本当に自分の強みが何か?は、自分では分かりま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP