menu

コンサルティングは体術である

LINEで送る
Pocket

最近、コンサルティングはつくづく体術だ、と思うようになりました。


スポーツにせよ、勉強にせよ、何か新しいスキルを身につけるには、
まずは頭を使って理解する必要があります。

子どもと脳の構造が異なる私たち大人は、
頭で理解してからでないと、身につかないからです。

しかし、どんなことでも上達するにつれ、
頭を使わずにできるようになっていきます。

すなわち、

1. 無意識的無能(分かってないし、それに気付いてもいない)
2. 意識的無能(分かってないことに気づく)
3. 意識的有能(頭を使えば何とかできる)
4. 無意識的有能(頭を使わなくてもできる)

の流れです。


コンサルティングも同じです。

どうやってコンサルティングを進めるのか?というプロセス、
あるいは、

  • 顧客が望む目標への出会い方
  • マインドブロックの見つけ方
  • 目標に向かうための行動の促し方

などなど。

最初は頭を使いながら進めなければなりませんが、
慣れていくにしたがって、頭を使わなくてもできるようになるでしょう。


逆を言えば、今、頭を使っていることに神経を使わなくて良くなるので、
別のことに頭を使えるようになるのです。
その別のことが何か、まだ分かっていませんが。

今の私には気付いていないことに頭を使って、
より顧客に成果を上げていただくための問いかけや
うながしができるかもしれません。

究極的には、目指すは「考えないコンサルタント」なのではないか?
ふと、そんなことを思いました。

コンサルティングは体術である。
だからこそ、もっと量稽古をしたい。
そんな風に考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

スマホ中毒者の激増を予想する理由

インサイトマップに来る顧客の傾向

関連記事

  1. アイデアはなくとも事例は必要

    昨日の記事では、コンサルタントはアイデアを出せなくても良い、と提案をしてみました。…

  2. 中小企業診断士(士業)の仕事分類

    中小企業診断士の仕事は、他の士業と比べると多様性が著しく高いのではないか?と思います。独…

  3. どこを使って売っていますか?

    昨日は、戦略うんぬん以前に、顧客のことをもっと知りましょう。そのために顧客に会い、リサーチし…

  4. フリー(独立)への大きな流れ

    7月11日のメルマガ【「雇われない生き方」の次の時代】というタイトルで記事を配信しま…

  5. 顧客の関門に合わせた商品設計を

    前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。簡単に復習すると、「営業」という言…

  6. 変えることと、ぶれないこと

    アメリカ大統領選挙のニュースで巷は大変なことになっていますね。■これから社会の基盤と…

  7. 新商品・事業のアイデアを出すフレームワーク

    商品やビジネスを企画するとき、何を題材に企画のアイデアをひねり出すか?私は「世の中の変化…

  8. 自分という商品への想い

    コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、「自分」が商品であることを痛感します。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP