menu

「国」という見えないものに頼り過ぎるリスク

先日、士業が集まる場に参加する機会がありました。


ちょっとした研修の場でしたので、
ある課題が投げかけられました。

「創業・起業を増やすためにはどうしたら良いか?」

この課題の背景は、日本はバブル崩壊以降、
事業者数が減り続けているからです。

基本的に事業者数と経済力は比例すると言われています。

ですから経済産業省、中小企業庁などが
事業者数を増やすことを目標にしているのですが、
実態は減る一方です。

労働人口が減っていますから、
そう簡単には増加しないでしょう。


この課題に対して、周りの方からどんなアイデアが出るのか、
私は楽しみにしていました。

が、蓋を開けてみてビックリ。
皆さん、国とか自治体に対する意見ばかりなのです。

・創業・起業を義務教育に組み込むべきだ
・セーフティーネットを充実させるべきだ
・シニアや女性の起業は税金を下げるべきだ

などなど。
教育に組み込むのは、私も考えてしまいましたが。

国や自治体のことを良く知り、
それに対して提言していく姿勢は、
国と相性の良い士業らしいな、と感じました。


それ自体は何ら悪いことはないのですが、
「自分たち」や「民間企業」ができることの意見が
全くでなかったのに驚きました。
(少なくとも私の属したグループでは)

事業者数が増えれば、国や自治体だけでなく、
士業にもメリットはあるでしょう。

であるなら、自分たちができることなども合わせて
考えたいものだと思うのです。

私は働く場所の自由度を上げる取り組みが必要だと感じています。
オフィスを借りる負担があると起業・創業しにくいからです。

事務所版のAirbnbみたいなものがあっても良いですし、
カフェとシェアオフィスがガッチリ手を組んでも良いでしょう。

何人かの士業でグループを作り、
ワンストップでサービス提供するなんてのも
面白いですね。

国とか自治体とか、自分でコントロールできないものに頼るだけでなく、
自分なら何ができるのか?という視点を、
常に持ちたいと考えたのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ITを学びなおし、IT企業との接点を一気に増やします

幼い頃の自分を振り返り、味わってみる

関連記事

  1. あなたは倹約家?それとも投資家?

    お金に関して私たちは、基本的な考え方を間違ってインストールされてきた、と感じています…

  2. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

  3. 普段から出来ないことは本番でもできない

    昨日参加した湘南国際マラソンで痛感したことです。■これまでに何度も何度も感じてきたことで…

  4. 案件を作る仕組みづくり

    1年半ほど支援しているお客様ですが、恐ろしい勢いで案件数が増え、売上が3倍くらいになってきました…

  5. スタートは常に顧客から

    戦略論云々といった小難しいことはさておき、ビジネスを考える上でのスタート地点は常に顧客です。…

  6. 価格のつけ方は、最後は価値にたどり付く

    独立して自分独自のサービスを提供するとき、その中身以上に悩むのが「価格」です。■…

  7. お金の支援をする専門家にオススメの本

    コンサルタントとしてチェックしておきたい本があります。■MQ会計やTOCなどを広める「会…

  8. 人畜無害じゃ顧客に覚えられない。脱・量産型ザクのススメ。

    会社員だった頃を振り返ると、「量産型ザク」を目指していたように思います。■私個人にし…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP