menu

パラリンピックを観て気づくイノベーション

息子がパラリンピックのデイリーハイライトを観ていて
ふと気づいたことがあります。


イノベーションは制限することや、
削ることによって生まれます。

例えばサッカー。

あのスポーツが、手を使って良いスポーツだったら、
鮮やかな足技は生まれなかったことでしょう。

人間にとって、最も器用で使いやすい手の使用を
制限したことによって、
スポーツとしての魅力が生まれたのです。


パラリンピックも同様です。

障害を抱えているから、というよりも、
ルールに制限を設けているからこそ面白い。
そういう種目がいくつもあるように感じました。

余談ですが、近眼や乱視に対して薄型眼鏡レンズや
コンタクトレンズが開発されたのと同じように、

従来では障害と考えられていたものが、
「眼鏡はオシャレ」くらいまで一般化する時代も
そう遠くはないのでは?と感じました。

それくらい、パラリンピック選手の
アスリートとしてのパフォーマンスは高いですね。

身に纏っている器具がもやは身体の一部と
化していますので。

いやぁ~、すごいです。


本題に戻りますと、

削ること、制約をかけることによって、
イノベーションが生まれます。

何十年も前のプログラマーや、
少し前のモバイル系プログラマーは、

限られたメモリーなどのリソースをどう使うか?に
頭を駆使してきました。

今の時代はCPUもメモリーも潤沢な時代。
パソコンもスマホのソフトウェア開発者は、
かつてほどリソースに悩まなくなったのではないでしょうか。

同じように、資金・人材・情報などの全てに
恵まれた企業が勝つか?
というと、そうではないと思います。

イノベーションを起こすなら、
何か敢えて制約をかけてみる。

経営の基本とも言えそうですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

経営に必要な両輪[ビジョンとKPI]

削ぎ落としてシンプルに生きるには

関連記事

  1. どんな年の重ね方をしたいですか?

    最近、同じ歳くらいの人たちの見た目、話す内容、発するエネルギーなどが気になるようになってきました。…

  2. 行動の伴わない目標など、紙くずに過ぎない

    週末の朝から、息子に説教をしました。今朝、早朝ランニングに行く約束をしていたのに「脚が痛い」…

  3. 企画が溢れすぎて・・

    このところ、新企画のアイデアが溢れすぎて困ったことになっております。。■もう毎日のよ…

  4. マーケティングと営業を科学する

    小さな会社を支援するなら売上アップの支援は欠かせません。中小企業白書における中小企業の倒産原因は…

  5. 【管理職】私の育児方針と人材育成の関係

    子どもは小学生になっていますが、それでも変えていない育児方針があります。今日はそんな育児方針と人…

  6. 経営支援とは1から0(ゼロ)への引き算なのかもしれない

    昨日、経営支援の本質とは、1を差し引いて0(ゼロ)へ戻すことなのかもしれない、と感じました。…

  7. 私が最初のヒアリングでSWOT分析をしない理由

    中小企業診断士の受験科目「企業経営理論」のはじめの方でSWOT分析が出てくるからなのか、あるいは…

  8. 中小企業診断士向けの最も簡単な問題集

    今日は中小企業診断士 受験生の方向けの記事です。■私の知る限り、診断士向けの問題集として…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP