menu

セミナーは、自分らしいスタイルを身につける

週末のセミナー後、懇親会の場で質問をいただいたことで、
私自身のセミナーのスタイルが分かりました。

「淡々としゃべるのは、わざとなんですか?」


自覚しているのですが、私はセミナーでは
淡々とお話しするタイプです。

大きな声や感情的な声を出したりすることは
滅多にやりません。
役者のようにセミナーをやる人とは対極的でしょう。

それは、私はセミナーで、参加者の皆さんが個々に
深い思索をめぐらせることを期待しているからです。


一方的に情報を伝えるセミナーはやりたくない。
単に演劇?を楽しむセミナーもやりたくない。

むしろ、私の話は触媒程度の役割で良い。
私の話をキッカケとして、ご自身のことを深く深く
考えていただき、ご自身の行動変化につなげていただきたい。

そういう想いがあるから、思索の邪魔をしないよう、
淡々と話すスタイルに落ち着いたのかもしれません。


私自身が、参加するセミナーでは、
単なる情報提供よりも、考えさせられるセミナーを望みます。
だから、このスタイルに落ち着きつつあるのかもしれません。

ただ、今まではほぼ無意識にやっていました。
ご質問いただいたことで、自分が無意識にやっていたことに
気づいたのです。

セミナーは短い時間で参加者の行動変革のキッカケを
お渡しするもの。
この目的はどなたにとっても共通しているものでしょうが、
その実現方法は、人によって異なるでしょう。

ついでながら、私はセミナーが終わったとき、

「自分自身に対する期待感に満ちている状態」

を感じてもらうことを目標に掲げています。
これは質問いただく前から意識していたことですが、
今回はどれだけ実現できたでしょうか。

あなたも、自分らしいセミナーのスタイルを
探してみてはいかがでしょうか。

【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

戦略から現場までの一貫性が武器になる

レールの上を走る生活はローリスク・ローリターンである

関連記事

  1. 独立直後の目的はお金でも良い

    「独立したい」と思ったとき、その理由は何でしたか?■私の場合は、「全部自分でやり…

  2. 社長が積極的に卒業する時代

    このところ、社長が会社を卒業するケースを何件も見ました。■どのケースにも共通しているのは…

  3. 独立1年目と2年目で変わる売上構成

    プロスポーツの世界には「2年目のジンクス」があります。1年目に好成績を収めた結果、相手に徹底的に…

  4. 私が独立後に食べていけた理由

    独立後、おかげさまで今日までご飯を食べてこれています。今日はこの理由をお伝えします。…

  5. セミナーを成功させるコツ

    昨日のメルマガでは、独立を目指すなら、セミナーを始めてみよう、と提案しました。■…

  6. ライバルを増やして大丈夫なんですか?

    最近、良く聴かれることがあります。■私が中小企業診断士を中心に士業の独立を支援し…

  7. お金の支援をする専門家にオススメの本

    コンサルタントとしてチェックしておきたい本があります。■MQ会計やTOCなどを広める「会…

  8. コンサルはアイデアマンでなくて良い

    引き続き、売上を伸ばすための5つの要素についてです。■復習ですが、売上=客数×客単価…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP