menu

コンサルはアイデアマンでなくて良い

LINEで送る
Pocket

引き続き、売上を伸ばすための5つの要素についてです。

復習ですが、

売上=客数×客単価 です。

客数を増やすのは、

・新規顧客を獲得する
・既存顧客を維持する(流出を止める)

の2つ。

客単価を増やすのは、

・購買頻度を上げる
・購買点数を増やす
・商品の単価を上げる

の3つです。

客数を増やす2つは、これまでに触れてきました。
今回は後半の3つです。

購買頻度を上げるには、どうすれば良いでしょうか?

最近、良く見る月額払いなどの定期契約は、
その1つの形態だと感じています。

個人的には、美容院・歯医者とかが月額一定になったら、
もっと定期的に通えると思うんですけどね。
(ついつい予約を後回しにしてしまうので)

購買点数を増やす定番は、「ポテトはいかがですか?」です。
何かを買って頂いた顧客に対して、しっかりと別の提案を行なう。
これを組織でまわせると、相当利益が変わってくるでしょう。

最後に商品の単価を上げる。
私たちのように1人でビジネスをやっている人は、
結局、単価を上げることに尽きるように思います。

ただ、他者に対してコンサルティングをする以上、
この5つの要素について、
それぞれ視点を持っておくと安心です。

このように見ていくと、

コンサルタントがやるべきは、アイデアを出すことではない

という事実に気付きます。
良く、コンサルタントにアイデアを出してくれと
お願いする顧客はいるのですが。。

むしろ大事なのは、顧客がアイデアを出せるように
上手に思考に制限をかけてあげること。

単に売上を伸ばせ!と言われるよりも、

・新規顧客数を増やすには?
・既存顧客の流出を防ぐには?
・購買頻度を上げるには?
・購買点数を増やすには?
・商品の単価を上げるには?

と制約条件をかけた方が、アイデアは出るはずです。
コンサルタントは、この条件をかける役割なのでは?
と感じています。

現場で採用可能なアイデアは、その会社の人が持っています。
それをコンサルタントが、どう引き出すのか?
引き出すために、適切な質問の投げかけが大事だと思うのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

人間関係を改善するための2つのアプローチ

社長はどこまで学ぶべきか

関連記事

  1. 直接営業、はじめの一歩

    士業の営業力について書き続けています。基本的に士業の営業力は致命的だということ。そして間接営…

  2. 独立時の商売ネタに困るのは、いたって普通のこと

    独立したいと考えている人にとって、一番の悩みは「商売のネタが思い浮かばない」ことだそうです。…

  3. 協会に頼らない世界

    先日、中小企業診断士が集まる機会があり、そこに顔を出していました。皆さんの会話を聴いていて、…

  4. コンサルティングに「思考」だけでなく「感覚」を

    コンサルティングと言えば、「思考」「論理」が支配する世界です。■大手コンサルティング…

  5. コンサルタントは労働集約な仕事

    コンサルティングだけをやっていると、自分の事業が労働集約型の仕事だとつくづく思います。私…

  6. 売上を伸ばすってどういうこと?

    良く「売上を伸ばす」と聴きます。■目標を掲げた社長の言葉だったり、その目標を押し付け…

  7. 商売人としてコレがなければ始まらない

    事業を始め、軌道に乗せていくために、「これだけは」と思うことがあります。■それは、「…

  8. 迷ったときに戻るべき原点

    このところ、少し迷っていたことがありました。■独立直後からやっていた、あまり望まない仕事…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP