menu

セミナーは、自分らしいスタイルを身につける

週末のセミナー後、懇親会の場で質問をいただいたことで、
私自身のセミナーのスタイルが分かりました。

「淡々としゃべるのは、わざとなんですか?」


自覚しているのですが、私はセミナーでは
淡々とお話しするタイプです。

大きな声や感情的な声を出したりすることは
滅多にやりません。
役者のようにセミナーをやる人とは対極的でしょう。

それは、私はセミナーで、参加者の皆さんが個々に
深い思索をめぐらせることを期待しているからです。


一方的に情報を伝えるセミナーはやりたくない。
単に演劇?を楽しむセミナーもやりたくない。

むしろ、私の話は触媒程度の役割で良い。
私の話をキッカケとして、ご自身のことを深く深く
考えていただき、ご自身の行動変化につなげていただきたい。

そういう想いがあるから、思索の邪魔をしないよう、
淡々と話すスタイルに落ち着いたのかもしれません。


私自身が、参加するセミナーでは、
単なる情報提供よりも、考えさせられるセミナーを望みます。
だから、このスタイルに落ち着きつつあるのかもしれません。

ただ、今まではほぼ無意識にやっていました。
ご質問いただいたことで、自分が無意識にやっていたことに
気づいたのです。

セミナーは短い時間で参加者の行動変革のキッカケを
お渡しするもの。
この目的はどなたにとっても共通しているものでしょうが、
その実現方法は、人によって異なるでしょう。

ついでながら、私はセミナーが終わったとき、

「自分自身に対する期待感に満ちている状態」

を感じてもらうことを目標に掲げています。
これは質問いただく前から意識していたことですが、
今回はどれだけ実現できたでしょうか。

あなたも、自分らしいセミナーのスタイルを
探してみてはいかがでしょうか。

【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

戦略から現場までの一貫性が武器になる

レールの上を走る生活はローリスク・ローリターンである

関連記事

  1. 「ITは苦手だから・・」は通用しなくなってきた

    公共系の仕事をすると、毎回、頭が痛くなることがあります。■今どき「紙」の文化だからで…

  2. フリー(独立)への大きな流れ

    7月11日のメルマガ【「雇われない生き方」の次の時代】というタイトルで記事を配信しま…

  3. ビジネスを発展させるただ1つの方法

    ビジネスを発展させるためには。昨日、友人と話をしていて、つくづく感じました。■結…

  4. 安易に既存ビジネスに乗っかるリスク

    先日、ある方から相談を受けました。会社を辞めて、フランチャイズに加盟しての独立を考えているそ…

  5. 売れない理由・・

    昨晩、あるコンサルタントと情報交換をしていて改めて感じたことがあります。■売れない理…

  6. 顧客はメニューを見て、サービスの内容が分かりますか?

    先日、反省したことがありました。■以前からマーケティング講座やコンサルティングの顧客には…

  7. あなたの顧客はどこにいるのか?

    昨日のセミナーでお話ししたことの中で、最もお伝えしたかったこと。■「顧客は誰か?」…

  8. 覚悟を決めたら楽になった話

    先日、ある顧客に対して、私自身の覚悟を明確に示してみました。■具体的なことは書けませ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP