menu

セミナーは、自分らしいスタイルを身につける

LINEで送る
Pocket

週末のセミナー後、懇親会の場で質問をいただいたことで、
私自身のセミナーのスタイルが分かりました。

「淡々としゃべるのは、わざとなんですか?」


自覚しているのですが、私はセミナーでは
淡々とお話しするタイプです。

大きな声や感情的な声を出したりすることは
滅多にやりません。
役者のようにセミナーをやる人とは対極的でしょう。

それは、私はセミナーで、参加者の皆さんが個々に
深い思索をめぐらせることを期待しているからです。


一方的に情報を伝えるセミナーはやりたくない。
単に演劇?を楽しむセミナーもやりたくない。

むしろ、私の話は触媒程度の役割で良い。
私の話をキッカケとして、ご自身のことを深く深く
考えていただき、ご自身の行動変化につなげていただきたい。

そういう想いがあるから、思索の邪魔をしないよう、
淡々と話すスタイルに落ち着いたのかもしれません。


私自身が、参加するセミナーでは、
単なる情報提供よりも、考えさせられるセミナーを望みます。
だから、このスタイルに落ち着きつつあるのかもしれません。

ただ、今まではほぼ無意識にやっていました。
ご質問いただいたことで、自分が無意識にやっていたことに
気づいたのです。

セミナーは短い時間で参加者の行動変革のキッカケを
お渡しするもの。
この目的はどなたにとっても共通しているものでしょうが、
その実現方法は、人によって異なるでしょう。

ついでながら、私はセミナーが終わったとき、

「自分自身に対する期待感に満ちている状態」

を感じてもらうことを目標に掲げています。
これは質問いただく前から意識していたことですが、
今回はどれだけ実現できたでしょうか。

あなたも、自分らしいセミナーのスタイルを
探してみてはいかがでしょうか。

【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

戦略から現場までの一貫性が武器になる

レールの上を走る生活はローリスク・ローリターンである

関連記事

  1. いよいよ限界値が近づいてきました

    このところ、アポイントという意味ではスケジュールにゆとりがあるのですが、仕事の総量という…

  2. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

  3. 廃業する会社を増やしているのでは?

    おかげさまで、コンサルティングをさせていただいた中には、昨年比で売上が倍になっているような会社が…

  4. 会社員の方が合っている人もいる

    昨日は、独立した人のどれくらいが食べていけるのか?言い換えると再び雇われる道を選ぶ人がい…

  5. ビジネスの肝は期待値コントロール

    以前、メンターの一人に「ビジネスの肝は何ですか?」と質問したことがあります。…

  6. 独立前にやっておいて良かったこと

    会社員の頃から、少しずつ経験しておいて良かったと思っていることがあります。自分で主催する…

  7. 資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

    自分がどんなビジネスをやりたいのか?独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。しか…

  8. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP