menu

左脳と右脳の両刀遣いでコンサルティングが変わる

LINEで送る
Pocket

コンサルタントと言えば、左脳を使う論理的な仕事。
「ロジカルシンキング」とか、外資系コンサルとかが、
振り回していそうなイメージがあります(笑)


確かにビジネスにおいて論理思考は常に求められます。

結論を先に言え。
論理は飛躍なく。
考察はMECEに。

などなど。

ただ、論理思考だけに偏っていて良いのだろうか?
ずっと論理に偏ってきた(つもり)の人生を振り返り、
最近、強く疑問を抱いています。


論理は全く同じで、同じアドバイスをしたコンサルが2人居て、

1人のアドバイスは全く聞く耳をもたれず、
もう1人のアドバイスは素直に参考にされ、実践してもらえた。

完全に同じシチュエーションはありませんが、
このように感じるケースがあります。

このコンサルタント2人は、何が違うのでしょうか?


私は論理思考(左脳)の戦いには限界が来ていると感じています。
みんなが揃ってレベルアップしていますから、大差がつかないのです。

上記2人のコンサルタントの違いは、右脳にあると思います。

1人のコンサルタントは、顧客の事業状況を分析し、
最善と思われるアドバイスをした(左脳)。

もう1人のコンサルタントは、顧客の事業状況を分析した後、
自分なりの仮説を持ちつつも(左脳)、
ひたすら社長の話をじっくり伺った(右脳)。

日頃コンサルティングをやっていて思いますが、
社長は話を聴いてもらいたいんです。

大上段からアドバイスという名の指示を出されて、
ただただ従うだけなら、会社員をやっているはずです。。
そんなことしたくないから、自分で事業を営んでいるのです。

じっくり話を聴く。
アタマで聴くのではなく、むしろ感じるように。

それが顧客とあなたの関係性を大きく変える一歩となります。


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

LINEタクシーがとっても便利だった件

マーケティングの定義を考え直してみた

関連記事

  1. 現場に埋もれることで得られること

    「コンサルタント」を毛嫌いする社長の主張は、「コンサルタントは現場で役立たない」とい…

  2. タダでも顧客の声をもらいに行く

    昨日、コンサルタントとして独立するのであれば、「プロフィール・サービスメニュー・顧客の声」…

  3. 経験を買うことで加速する

    今年に入ってから高額セミナー・コンサルティングに投資しました。それによってかなりの加速度がついた…

  4. 世間が休みのときにどう過ごしたか

    フリーランスの働き方は自由です。GWのように大型連休のときほど、その働き方に差が出るのではな…

  5. 時間軸を先に飛ばせるか

    仕事のできる方に共通しているのは、時間軸を遠くに飛ばせることでしょう。■コンサルタン…

  6. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  7. 売れない理由・・

    昨晩、あるコンサルタントと情報交換をしていて改めて感じたことがあります。■売れない理…

  8. 売り物はコンサルティングだけではない

    私たちはコンサルタントだからといって、売り物をコンサルティングだけに絞り込む必要はありません。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP