menu

フリー(独立)への大きな流れ

LINEで送る
Pocket

7月11日のメルマガ

【「雇われない生き方」の次の時代】

というタイトルで記事を配信しました。

「実際、こういう人たち居るんですか?」というような
ご質問を何件かいただきました。


このときの記事にも書きましたが、実際に居ます。

ひとりひとりが独立・起業していてもおかしくない、
高いビジネス力を持った人たちが1つの会社に集まり、
恐ろしい勢いで成長している事例を、自分の目で見ました。

社長とも話をしましたが、そういう高いビジネス力を持った
猛者達を束ねているだけあり、ズバ抜けて高い視座をお持ちの方でした。
この会社、恐ろしい勢いで成長し続けています。
(あちこちのメディアにも登場している会社です)


一方、フリーランスあるいは一人で営む法人という形態のまま、
プロジェクト的にチームを組んでいる状態を見たこともあります。
こちらの形態は大小様々、色々なところで目にします。
共著で出版するのは、分かりやすい例ではないでしょうか。


今、会社員から独立してフリーになるという大きな流れを感じています。
これは既に「大きな流れ」です。

一方、もっと前に独立した人たちは、
必要に応じて既にチームを組んだり解散したりしています。
個人の良さと組織の良さを両立させているのでしょう。

個としての自由を獲得しながらも、
チームで活動する楽しさや、より高いレベルのアウトプットを出している。

上記の「大きな流れ」に比べると、まだ頻繁に目にすることはありませんが、
「大きな流れ」が一段落する頃には、「小さな強いチーム」の登場も
増えるのではないか、と感じています。

世の中は、確実に変化していますね。


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

連休を楽しみにしていた人たちへ

会社員のうちにやっておけば良かったと思う3つのこと

関連記事

  1. いい流れが出てきた~

    最近、IT企業支援の活動を加速しています。昨日は4社の社長から、じっくりと話を聴きました。…

  2. 士業に欠けているもの

    このメルマガを読んで下さる方なので、既にお気付きのことと思いますが、士業には致命的な弱点…

  3. ビジネスを発展させるただ1つの方法

    ビジネスを発展させるためには。昨日、友人と話をしていて、つくづく感じました。■結…

  4. 新商品・事業のアイデアを出すフレームワーク

    商品やビジネスを企画するとき、何を題材に企画のアイデアをひねり出すか?私は「世の中の変化…

  5. コンサル合戦が面白い

    昨日、仲間5名で集まって、お互いにコンサルティングを行いました。■1回30分とい…

  6. 覚悟を決めたら楽になった話

    先日、ある顧客に対して、私自身の覚悟を明確に示してみました。■具体的なことは書けませ…

  7. 顧客の顧客のそのまた顧客にとっての価値とは?

    対企業にコンサルティングを行なう場合、気をつけるポイントがあります。■顧客の顧客、あ…

  8. 士業を活用する人、使われてしまう人

    士業として独立すると、多くの人が何らかの伝手(つて)をたどって仕事を獲得します。■…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP