menu

どこを使って売っていますか?

昨日は、戦略うんぬん以前に、
顧客のことをもっと知りましょう。
そのために顧客に会い、リサーチしましょう。

ということを書きました。


顧客のことを知り、
顕在化した、あるいは潜在的なニーズを発見し、
そのニーズを満たすための商品・サービスを提案する。

そうやって、モノは売れていきます。
コンサルティングのような目に見えないものでも、
物理的な物であっても、商売の本質は同じです。


ただ、コンサルティングのように目に見えないモノ、
さらには人に強く結びつくサービスを提案するために、
私は殊更に気をつけていることがあります。

アタマで売ろうとしないことです。

パソコンのような物であれば、
論理的に考えて、スペックを比較して買うこともあるでしょう。
(それでも、カッコイイとか、感情で買うことも多いでしょうが)

しかし、人に紐づくコンサルティングは、
なかなか論理的に考えて購入できるモノではありません。


アタマ(論理)-胸(感情)-丹田(魂)

この関係を常に意識しています。
覚悟が必要なモノほど、丹田での決意が必要になります。

コンサルティングを買うことは、
目に見えない高額なモノを買う不安を克服することです。

買った後、自分が成長するためにコンサルタントに
追い込まれるかもしれない恐怖と戦うことでもあります。

だから、買う側は丹田での決断を求められるのです。
それゆえに、売る方も魂レベルで売ることが求められると思っています。

顧客のビジネスや人生とガッチリ向き合う覚悟。
自分が描く世界観に他者を巻き込む意気込み。

そういった魂を込めた提案が、
顧客の心を動かし、丹田での決断につながるのだと感じています。

最近、「テクニックで売ろう」という風潮が強いので、
アンチテーゼを掲げてみました。

独立前に身につけておきたい3つのスキル

市場動向を把握するために参照しているデータ一覧

関連記事

  1. コンサルティングの「型」を持つ

    何事にも、最初にチャレンジするときには「型」を身につける必要があります。■ランニング…

  2. コンサルタントやセミナー講師に必要な自信

    昨日の記事で、セミナー講師ができないなら、まずは司会などで慣れることをお勧めしました。■…

  3. ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!

    昨日のメルマガ『ライバルを増やして大丈夫なんですか?』を送付した後、読者の皆さまから続々とご意見…

  4. 商品は、価値を提供するための媒体

    中小企業診断士は独占業務がありませんので、皆さん、何をやっているのか?が分からないくらい、提…

  5. 「教える」と「気付かせる」のバランス

    コンサルティングをするとき、今、一番工夫を繰り返しているのが、「教える」と「気付かせる」…

  6. 己を知るためにやること

    独立して、自らのビジネスを伸ばしていくために私が必要だと思っていること。己を知り、心…

  7. 期待値コントロールしてますか?

    先週まで、顧客の期待値を超えているか?を書きました。■顧客との関係を継続…

  8. 情報発信でコンテンツ以上に求められるもの

    私たち士業は、情報発信をするときに、ついつい専門分野について書いてしまいます。■もち…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP