menu

自分という商品への想い

コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、
「自分」が商品であることを痛感します。


そこで思うのが、「自分」を好きかどうか?ということ。

もし、私自身が自分のことを嫌いだったら。
私が顧客に提供している「商品」を、私は嫌っていることになります。

そんなの顧客に失礼ですよね。
嫌いなものを押し付けるのですから。

私だったら、売っている商品を大好きな人から
買いたいです。


ですから、ひとりでサービス業を営む私たちは、
誰にも先んじて、自分自身を好きにならなければいけません。

では、どうすれば自分のことを好きになれるか?

私見ですが、良いところも悪いところも全て受け入れることだと思います。
良いところだけを見て、悪いところから目を背けては、
何も前進しません。


そして、自分らしく生きることです。
自分らしさを発揮して、天命とも感じる仕事をしたなら、
自然と「生きている実感」を感じられるのではないでしょうか。

そうして自分を好きになる頃には、
顧客も自然と増えていくのでは、と思います。

私がトライアスリートとして目覚めた日

協会に頼らない世界

関連記事

  1. 起業・創業には2種類ある

    起業や創業について会話をしていると、「話が噛み合わない」と感じることが多々あります。世の…

  2. 経験を買うことで加速する

    今年に入ってから高額セミナー・コンサルティングに投資しました。それによってかなりの加速度がついた…

  3. コンサルティング直後にメモを書く

    私はコンサルティング直後にメモを書くようにしています。■最初は、某公的機関での経営指導員…

  4. 経営は100アスロンのごとし

    私はトライアスロンをやっていますが、これはスイム・バイク・ラン、3つの種目から成り立っていま…

  5. 自分の勝ちパターンを持つ

    事業をする上で、仕事を獲得することは避けられないことです。■「売りましょう」「そ…

  6. 死を見届ける覚悟、乗り越える覚悟

    先日、あるコンサルタントの「犠牲者」の話を聴きました。■あるコンサルタントにキャリアを相…

  7. 論理思考をうながす2つの問い

    最近は右脳開発に偏っている私ですが(笑)、論理思考も忘れてはおりません。■例えば、ビ…

  8. 稼ぐ力が不要になっていく世界

    独立したら、まずは食えるほどに稼ぐこと。これは至上命題です。■私はとても運に恵まれて…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP