menu

自分という商品への想い

LINEで送る
Pocket

コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、
「自分」が商品であることを痛感します。


そこで思うのが、「自分」を好きかどうか?ということ。

もし、私自身が自分のことを嫌いだったら。
私が顧客に提供している「商品」を、私は嫌っていることになります。

そんなの顧客に失礼ですよね。
嫌いなものを押し付けるのですから。

私だったら、売っている商品を大好きな人から
買いたいです。


ですから、ひとりでサービス業を営む私たちは、
誰にも先んじて、自分自身を好きにならなければいけません。

では、どうすれば自分のことを好きになれるか?

私見ですが、良いところも悪いところも全て受け入れることだと思います。
良いところだけを見て、悪いところから目を背けては、
何も前進しません。


そして、自分らしく生きることです。
自分らしさを発揮して、天命とも感じる仕事をしたなら、
自然と「生きている実感」を感じられるのではないでしょうか。

そうして自分を好きになる頃には、
顧客も自然と増えていくのでは、と思います。



【セミナー】
9月25日(月) マーケティング塾(第1回)

私がトライアスリートとして目覚めた日

協会に頼らない世界

関連記事

  1. 起業・創業には2種類ある

    起業や創業について会話をしていると、「話が噛み合わない」と感じることが多々あります。世の…

  2. 積極的ポジショントークの勧め

    「ポジショントーク」には、どういう印象をお持ちでしょうか。一般的には、「何かを買わされる」「…

  3. 望む働き方とサービスメニュー

    独立をした直後、私はミスを犯しました。自分が望む働き方とサービスメニューの間に乖離があったの…

  4. 商品力のインパクト

    このところ、「商品」の大切さを改めて考えています。■世の中、色んなマーケティング手法が生…

  5. コンサルティングに「思考」だけでなく「感覚」を

    コンサルティングと言えば、「思考」「論理」が支配する世界です。■大手コンサルティング…

  6. 顧客に提案しまくっていますか?

    先日、仲間の1人がいい感じに顧客開拓をしまくっていました。それを見て、私はまだまだ提案が足りてい…

  7. 顧客の関門に合わせた商品設計を

    前回、前々回で営業のキモとなる話をお伝えしました。簡単に復習すると、「営業」という言…

  8. 売り物はコンサルティングだけではない

    私たちはコンサルタントだからといって、売り物をコンサルティングだけに絞り込む必要はありません。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP