menu

コンサルティングの「型」を持つ

LINEで送る
Pocket

何事にも、最初にチャレンジするときには
「型」を身につける必要があります。


ランニングでもスイミングでもフォームは大切ですし、
そのフォームを実現するためのカラダ作りは、より大切です。

「守破離」という言葉があります。

最初にチャレンジするときにこそ、適当に身につけるのではなく、
「型」を身につけることが、
長い目で見て圧倒的な成長の差となって現れるでしょう。


それはコンサルティングでも同じです。

私の場合は、売上を上げるためのマーケティング支援をすることが
多いです。
士業の独立支援の場合も、まずは売上を作れる仕組みづくりが
最初の課題になります。

そのため、コンサルティングで使う「型」は、
佐藤義典さんが提唱する「マインドフロー」を使うことが多いです。
顧客の購買心理を元に、マーケティング施策を検討するのです。


先週、また異なる「型」を教えていただき、
さっそく実践で使ってみました。

今までアイデアが溢れてばかりで、具体的な行動計画に落としこむのが
難しい社長が居たのですが、この新しい「型」を使うことで、
話をある程度まとめ、アイデアから行動計画へつなげることができました。

これからコンサルタントを目指す方であれば、
同じように、まずは「型」を身につけることから始めてみましょう。



【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

脳の仕組みと目標(ビジョン)の関係

結論を急ぐ思考のリスクを知っておきたい

関連記事

  1. 案件を作る仕組みづくり

    1年半ほど支援しているお客様ですが、恐ろしい勢いで案件数が増え、売上が3倍くらいになってきました…

  2. どっちかじゃなくて、どっちも

    ポケモンGoの爆発的人気で、拡張現実(AR)が世の中一般的に受け入れられました。こんなブ…

  3. 小学生から始まり、社会人へ

    小学校から始まる学校の勉強、カリキュラムがキッチリ決まっています。■学習指導要領によ…

  4. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  5. 連休中をどう過ごすか?

    もうすぐ連休に入ります。(注:この記事はメルマガ配信後、1ヶ月後に再掲載しています)あなたは…

  6. 普段から出来ないことは本番でもできない

    昨日参加した湘南国際マラソンで痛感したことです。■これまでに何度も何度も感じてきたことで…

  7. 売上を伸ばすってどういうこと?

    良く「売上を伸ばす」と聴きます。■目標を掲げた社長の言葉だったり、その目標を押し付け…

  8. 仕事を作る人に、俺はなる

    昨年発刊したこのメルマガの目的は、真に独立できる人をひとりでも増やすことでした。■「…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP