menu

自分の限界なんて決めない方がいい

LINEで送る
Pocket

こんばんは、渋屋です。
今日は早起きして、ランニング仲間と6:30から皇居をランニング。
そして家族と合流して、近所でみかん狩り。
さらにプールに行って、今、息子がはまっているスイミングの練習。

フル稼働な1日でした。
さて、今日はそんな早朝ランニングで感じたことを。

 

自分の限界を決めているのは、自分自身

何事も、限界は自分で決めているものだと思います。

  • 自分が仕事で出来るのはこの程度まで
  • ランニングなんて、3kmまでしか走れない
  • 人前でプレゼンテーションするなんて、絶対に出来ない

このような自分自身で定めてしまっている限界を、誰しもお持ちなのではないでしょうか?

私のランニングの例で恐縮ですが、
今シーズンは、長引いた風邪のために、今シーズン、全く走り込みが出来ていません。
そのため、キロ5分以内のランニングは無理!と限界を決め込んでいるところがありました。

 

一歩でも限界を超えてみる

先週の22km練習会では、5:30/kmで最期まで通しましたし、
今日の練習も15kmまでは5:30/kmより少し早い程度でした。

来週、つくばマラソンもありますし、家庭の用事もあるので、3周で止めるつもりでした。
ただ、私の周りはウルトラマラソンの完走者や、アイアンマン完走者ばかり。
何もせずに5:30/kmのペース走だけで止めてしまうのは、あまりにもったいない。

と言うわけで、1周追加し、「私はビルドアップ走で行きます」と宣言してみました。
すると、ウルトラ・アイアンマンを制し、さらなる高みを目指す仙人が乗ってきてくれました。

そこからの1周5km、恐ろしく長く感じましたが、おかげで最期の1kmは
4:18まで上げることが出来ました。
今の私にとっては、かなり無茶なペースです。
こうやって追い込まれない限り、出ないペースでしょう。

仙人曰く、「平坦なロードってこんなに走りやすかったのか!」
山道(オフロード)、坂道ばかりを繰り返している仙人にとっては、
そうとう易しいコンディションだったようです。
(前を走る仙人が余裕あり過ぎて、情けなくなるほどでした。
こっちはゼェゼェハーハー、死にそうなのに。。)

 

限界の向こう側に少しずつ慣れる

でも、おかげで久しぶりに平地で4分台前半が出ました。
昨シーズン、古河はなももマラソンに向けた走り込み以来かもしれません。

ランニングに限らず、他のことでも似たようなことが言えるでしょう。
限界を勝手に設定しているのは、自分自身です。
その限界を超えられる人についていき、その先の世界を見せてもらう。

その先の世界を見慣れた頃には、自分の限界がそこではなくなっていることに気付くはずです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

つくばまでは、もう時間がないので、あまり目標タイムも上げられませんが、
1月の勝田、3月の横浜に向けて、良い刺激を受けることが出来ました。
早起きして、充実の1日でした。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

診断士がセルフメディアを始めるためのプラットフォーム

診断士のセルフメディアはメルマガか?ブログか?

関連記事

  1. 心底の自分 #186

    こんばんは、duckです。昨日から今朝は関西に出張でした。東京に戻ってから、新しいスタッフが1名増え…

  2. レールの上を走る生活はローリスク・ローリターンである

    集団行動をするたびに思うことがあります。このままでは、突き抜けることなど出来ないな、と。…

  3. ものづくりベースキャンプに参加しました #611

    こんばんは。渋屋です。一昨日の話になりますが、鮒谷道場生のJoさんが運営…

  4. 店員を見下す人に明日は無い #678

    おはようございます。渋屋です。前から気になっていることがあります。…

  5. 変化するということ #219

    こんばんは、duckです。実は先週末からずっと風邪を引いていました。そのため約2週間、全く運動が出来…

  6. 危機感 #134

    こんばんは、duckです。元々、今日はディズニーシーに行く予定だったのですが、天気が悪かったので中止…

  7. ランニング練習で、距離より大事な指標

    おはようございます。渋屋です。週末恒例?ランニングネタです。ランニングをしている人と会話をし…

  8. 地力をジワジワ上げていくこと

    今シーズンのフルマラソン、全3戦が終わりました。 2014年11月23日・・・つくばマラソン…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP