menu

顧客別の売上を求める方法

おはようございます。渋屋です。

顧客別の利益を求めるためには、顧客別に売上高と原価を求める必要があります。「利益=売上高ー原価」だからです。

今日は顧客別に売上高を求める方法を書きます。

 

まずは会計データや請求書データを準備

会計システムに補助科目や摘要として顧客名が入っていれば、会計データを利用することができます。売上高の仕訳データを抜き出せば、Excelで集計できます。会計システムからCSVファイルやExcelデータを抜き出す方法は、各会計システムで確認してみて下さい。

会計データに顧客名が入っていない場合には請求書データを活用します。請求先名が顧客名、請求金額が売上高になっているはずですので、それを集計すれば同じことができます。

 

Excelで顧客別の売上高を集計

実際にデータを抜き出すと下記の図のようになります。

 

図2-2-1a

 

年間全てを通して集計すると、以下のように顧客別の売上高が求められます。

 

図2-2-1b

 

売上を求めるのは、そう難しいことではありません。

今日は短めですが、ここまでです。次回は、利益を求めるための次のステップ、顧客別の原価を求める方法に触れたいと思います。原価を求められれば、「利益=売上高ー原価」 ですから、利益が求められるようになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日から少し生活リズムを変えています。昨日は夜、仕事(週末起業の方)に没頭してしまい、結局、夜更かししてしまったのでした。。今日はもう少し良くなるハズです!(^^;

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

システム導入が簡単になった今、やるべきこと

ペルソナの設定はやっぱり大事だった!

関連記事

  1. 自己探求と社会への貢献を両立させる

    この春ころから、自己探求について学びながら、私自身、自己探求を続けています。おかげでビジネスに限…

  2. セールスレターにおける仁義なき戦い

    このところ、様々な方の商品・サービス案内を拝見する機会があります。それを見るにつれ、セールスレタ…

  3. 「職人としての実力」≠「稼ぐ力」

    昨日の記事にて、自社の強みを「自社からの視点(自己満足)」で表現するか、「顧客の言葉」で表現する…

  4. ソフト資源が経営に差をつける

    昨日の記事では、成果を上げている会社がやっているのは、何か特別なことではなく、アタリマエのことを…

  5. 臆病な私だからこそ歩んできた道

    昨日、家族でアスレチックに行ってきました。そこで息子を見ていて、思わず笑ってしまいました。…

  6. インテルに戦略転換をさせた日本企業。そして現在・・

    以前、システムアーキテクチャの変遷について書きました。今回は、このなかの1つ。メ…

  7. 顧客のニーズや課題を明確にするための問いとは?

    前回より顧客像を明確にするための問いについて考えています。顧客を明確にする理由は2つ…

  8. ITエンジニアが経営に関わるメリット

    最近、「コンサルティング」と「エンジニアリング」の相性について考えています。以前にこんな記事を書…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP