menu

もぐら叩き生活へ終止符を打つために

こんにちは、渋屋です。

既に何度か書いていますが、週末にドラッカーを学ぶためにセミナーに参加してきました。

講師はクレアモント大学院大学のドラッカー・スクールで、生前のドラッカーを含む教授陣から教えを受けた、プロジェクトイニシアティブの藤田さんです。

 

システムインテグレータ共通の苦悩

答えを求めるのではなく、適切な質問を求める

関連記事

  1. ロールモデルに会いに行こう #343

    こんばんは。duckです。今週は仕事!仕事!仕事!です。ようやく終わりが見えてきました。(まだオフィ…

  2. 名刺の管理

    昨日につづいて、小ネタを・・・皆さん、名刺の管理はどうされていますか?私は今まで、プライベートで…

  3. 恐ろしい環境適応力

    こんばんは。やっと1社目の実務補習が終わりました私は経営戦略担当だったのですが、なかなか上手くア…

  4. 知識という武器・魅力 #108

    こんばんは、duckです。と言いつつ、今日も米国出張中。16時間遅れのラスベガスは朝6時半です。昨日…

  5. 先行く人についていく

    人間、誰にだってキャパの上限はあります。特に私のような平凡な人間にとって、ちょっと頑張るとすぐにキ…

  6. 筋トレと同じビジネストレーニング

    こんばんは。今日は終電を逃し、タクシー帰宅でした。仕事もピーク時期に入る中、実務補習があり、会社…

  7. サッカーは上手くなれない我が息子

    こんばんは、渋屋です。昨晩、サンフランシスコより日本に戻ってきました。昨日の記事(パ…

  8. 戦略の失敗は、戦術ではリカバリーできない

    ふとしたキッカケで税金の本を読んでみました。日本の税金 新版 (岩波新書)…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP