menu

新しいモノを取り入れるチカラ

LINEで送る
Pocket

今日はどんな企業にも求められる、新しいモノを取り入れるチカラについてです。

7月24日版の『日経コンピュータ』の特集は、『格差広げるビッグデータ100』でした。
ビッグデータの先進事例やデータサイエンティスト、注目製品・サービス、
そして最新技術、合わせて100が紹介されています。

ご興味のある方はご覧下さい。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NC/

 


私がこの記事を見て最初に気になったのは、『格差広げる』という言葉です。
それを活用できるかどうかによって格差が広がるものは、ビッグデータに限らず、増えてきているように感じます。

例えば、クラウド。
ビッグデータは数多くのコンピュータを同時に利用する必要があるため、クラウドのような基盤技術を理解していることが、有利に働きます。

例えば、IoT(Internet of Things)。
クラウドに接続される数多くのモノが新たな価値を生み出します。
モノからクラウドへ伝えられるデータの集まり(ビッグデータ)を分析することで、新たな発見(価値)が生まれるのです。
つまり、IoTはクラウドやビッグデータを当然に要求しています。

 


このように見てみると、様々な技術・トレンドが、お互いに関係していることが分かるでしょう。だからこそ、それらの概要を知り、メリット・デメリットを理解し、他の技術との関係を把握しておくことが求められるのです。

1つの技術・トレンド、例えばクラウドを知らないと、他の技術・トレンドを把握するのに、大きなボトルネックになってしまうことが分かると思います。

 


もちろん、自社が強みを発揮する事業分野は限られることが多いでしょう。
むしろ、強みを発揮するためには、絞り込むことが大事だとも言えます。

つまり、自社の事業分野については、徹底的に掘り下げていき、同時に他の技術・トレンドについては概要を理解しておくことがバランスの取れた状態と言えるのではないでしょうか。

バランスの取れた状態であれば、『格差広げる』を追い風として活用できるでしょう。それだけ、自社の事業分野を掘り下げながら、他のトピックの概要理解を進めることは、大変だと思うからです。

 


大変だからこそ、それを実現できたときには、自社の競争力の源泉として、事業を優位に進められるでしょう。

あなたの会社のバランスはいかがでしょうか?


【セミナー】
12月18日(月)経営塾

イベントをやろう!

質よりも量が前提

関連記事

  1. ケータイ3社決算に見るインフラビジネス

    ケータイ3社の決算が出揃いました。今年の話題は何と言ってもソフトバンク営業利益1兆円です。日…

  2. 日本で出来ていて、アジアでできていないことを探せば・・・

    先週、ある本に出会って、衝撃を受けました。ビジネスだけでなく、「生き方」から再考させられる良い本…

  3. マネジメントの根本問題を無視したシステム開発

    今日は経営に携わる方、ITに携わる方、全員に読んで頂きたい本のご紹介です。ド…

  4. メッセージングアプリ買収の裏側

    2014年2月14日、楽天はスマートフォン向けの無料通話・メッセージングサービス「Viber」を運営…

  5. 人工知能に注力する各社

    6月5日、ソフトバンクは感情を持ったパーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を発表しました。…

  6. 日本の製造業、復活のヒント

    日々のニュースから、IoT(Internet of Things)やビッグデータという言葉を目にしな…

  7. 創刊号:システムインテグレーションビジネスの終焉?

    2013年10月、NTTデータがクラウドブローカー(※)サービス「マルチクラウドインフラ提供…

  8. Internet of Things(IoT)を見つめなおす

    一昨日、品川のマイクロソフト本社で行われた「サムライベンチャーサミット」へ参加してきました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP