menu

Facebookの友達表示を制限する方法

LINEで送る
Pocket

こんにちは。渋屋です。

 

今日はFacebookで友達の表示を制限する方法についてです。

 

交友範囲が広がってくると、自分と繋がっている友達を全ての人には公開したくない、ということが出てくるかもしれません。

私の場合は、所属している会社の人たちに、社外でお付き合いしている人たちとのことを、あまり知られたくありません。

そのため、Facebookでの友達表示を制限するようにしています。

 

■Facebookの基本

Facebookには、情報をどこまで公開するのか?基本的な範囲があります。

「公開」「友達」「自分のみ」の3つです。

 

・「公開」は、まだ友達になっていない全ての人へ、情報をオープンにします。

・「友達」は、友達になっている人たちへのみ、情報をオープンにします。

・「自分のみ」は、自分だけのクローズな情報です。

 

自分が何かを投稿したとき、それが誰にまで見られる情報なのか?や、

今日の主題である、自分が誰と友達になっているか?という情報も、この基本ルールにしたがっています。

 

■現在の友達情報はどこまで公開されているか?確認方法

まずは、自分のウォールを表示して、「友達」をクリックして友達一覧を表示します。(図の左上の赤い四角囲み)

「+友達を検索」ボタンの右にある鉛筆のようなマークをクリックします。(図の右下の赤い四角囲み)

「プライバシー設定を編集」をクリック。

 

手順1a

 

すると、現在の設定が出てきます。

あなたの友達情報は、ここに表示されている範囲に公開されています。(図の赤い囲み)

 

手順2

 

私の場合は、友達リストを「自分のみ」に公開していることが分かります。

繰り返しになりますが、ここが「公開」になっていればFacebookを利用している人全てに、「友達」になっていれば、あなたの友達のみに情報がオープンになっています。

(もう少し異なる範囲に制限することもできるのですが、それは別の機会に書きたいと思います。)

 

もし、自分が期待するのとは異なる範囲になっていた場合には、求めるものを選択しましょう。

 

■他の人からどう見えているのか?を確認

設定が完了しても、本当に正しく表示されているのか?確認したいですよね。

でも、他の人に「ちゃんと見えている」ことの確認はお願いできても、

「ちゃんと見えていない」ことを確認してもらうのは困難ですよね(笑)

 

Facebookは、そのためにちゃんとプレビューツールを用意してくれています。

 

プレビュー1

 

再度、自分のウォールを表示して、「アクティビティログ」の隣にある、歯車マークをクリックし、「プレビュー」を選択します。

 

プレビュー2

 

すると、あなたの情報が、他者からどのように見えているのか?確認することができます。

今回は、友達情報の確認をしたいので、「友達」をクリックしてみます。

 

この時点で表示されるのは、あなたの友達ではない、一般の人から見える情報です。

特定の誰かから、どのように見えるのか?を確認するためには、上図の赤囲みの「特定のユーザへのプレビュー」をクリックします。

誰かの名前を入力すると、候補者の名前が出てきますので、選択します。

先ほどと同じように、友達情報を確認してみます。

 

ちなみに、友達情報の公開範囲を「自分のみ」にしていても、「共通の友達」だけは表示されるようです。

これは特に設定していないので、Facebookの仕様だと思います。

共通の友達すら表示されないと寂しいので、ちょうど良いでしょう(笑)

 

まとめますと、

 

・現在の設定を確認

・必要であれば変更

・プレビュー機能で、他者からの見え方を確認

 

という流れです。

確認方法・変更方法・プレビューの仕方にたどり着くボタンの位置が分かりにくいのですが、それさえ覚えてしまえば、あとは非常に簡単です。

 

きちんと設定して、Facebookを安全に楽しみましょう!

 

■終わりに

このところ、少し活動量が足りないかも、と反省しています。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・×

・ストレッチ・・・○

・RUN・・・0km

アキレス腱に違和感が、、、

次回、フルマラソン(古河)まで、あと24日。

 
今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

自分のポリシーを道にしたい

Facebook投稿の範囲を自作する方法

関連記事

  1. TAXAN LEDプロジェクターKG-PL032W使用レポート

    今どきのモバイルプロジェクターって、本当に小さくて高性能なんですね!調べているうちに物欲を掻き立…

  2. Twitterに再び惹かれています

    私がTwitterを始めたのは、2010年3月。その後、2011年5月にFacebookを始め、…

  3. AWSが新サービスを追加と値下げを繰り返す理由

    アマゾンウェブサービス(AWS)は、クラウド業界における圧倒的なトッププレイヤーです。私は、この…

  4. ITをコストではなく投資とみなせるか?

    システム(IT)をコストとして見るのか?投資としてみるのか?この視点の違いは、その後のビジネスに…

  5. 主戦場はIaaSからPaaSに

    こんばんは、渋屋です。久しぶりのIT関連記事です。日経コンピュータの主要…

  6. 年賀状:定型業務は効率化する #680

    おはようございます。渋屋です。もう12月も半ば。いよいよ年末ですね~。…

  7. テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

    普段からIT関連企業の支援をしていて、悩むポイントがあります。それがテクノロジーをどこまで戦略に…

  8. オフショアの利用には「期限」がある

    一昨日の日経新聞に、なくなる「世界の工場」という記事が書かれていました。私はなくなるのは工場だけ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP