menu

Facebookの友達表示を制限する方法

LINEで送る
Pocket

こんにちは。渋屋です。

 

今日はFacebookで友達の表示を制限する方法についてです。

 

交友範囲が広がってくると、自分と繋がっている友達を全ての人には公開したくない、ということが出てくるかもしれません。

私の場合は、所属している会社の人たちに、社外でお付き合いしている人たちとのことを、あまり知られたくありません。

そのため、Facebookでの友達表示を制限するようにしています。

 

■Facebookの基本

Facebookには、情報をどこまで公開するのか?基本的な範囲があります。

「公開」「友達」「自分のみ」の3つです。

 

・「公開」は、まだ友達になっていない全ての人へ、情報をオープンにします。

・「友達」は、友達になっている人たちへのみ、情報をオープンにします。

・「自分のみ」は、自分だけのクローズな情報です。

 

自分が何かを投稿したとき、それが誰にまで見られる情報なのか?や、

今日の主題である、自分が誰と友達になっているか?という情報も、この基本ルールにしたがっています。

 

■現在の友達情報はどこまで公開されているか?確認方法

まずは、自分のウォールを表示して、「友達」をクリックして友達一覧を表示します。(図の左上の赤い四角囲み)

「+友達を検索」ボタンの右にある鉛筆のようなマークをクリックします。(図の右下の赤い四角囲み)

「プライバシー設定を編集」をクリック。

 

手順1a

 

すると、現在の設定が出てきます。

あなたの友達情報は、ここに表示されている範囲に公開されています。(図の赤い囲み)

 

手順2

 

私の場合は、友達リストを「自分のみ」に公開していることが分かります。

繰り返しになりますが、ここが「公開」になっていればFacebookを利用している人全てに、「友達」になっていれば、あなたの友達のみに情報がオープンになっています。

(もう少し異なる範囲に制限することもできるのですが、それは別の機会に書きたいと思います。)

 

もし、自分が期待するのとは異なる範囲になっていた場合には、求めるものを選択しましょう。

 

■他の人からどう見えているのか?を確認

設定が完了しても、本当に正しく表示されているのか?確認したいですよね。

でも、他の人に「ちゃんと見えている」ことの確認はお願いできても、

「ちゃんと見えていない」ことを確認してもらうのは困難ですよね(笑)

 

Facebookは、そのためにちゃんとプレビューツールを用意してくれています。

 

プレビュー1

 

再度、自分のウォールを表示して、「アクティビティログ」の隣にある、歯車マークをクリックし、「プレビュー」を選択します。

 

プレビュー2

 

すると、あなたの情報が、他者からどのように見えているのか?確認することができます。

今回は、友達情報の確認をしたいので、「友達」をクリックしてみます。

 

この時点で表示されるのは、あなたの友達ではない、一般の人から見える情報です。

特定の誰かから、どのように見えるのか?を確認するためには、上図の赤囲みの「特定のユーザへのプレビュー」をクリックします。

誰かの名前を入力すると、候補者の名前が出てきますので、選択します。

先ほどと同じように、友達情報を確認してみます。

 

ちなみに、友達情報の公開範囲を「自分のみ」にしていても、「共通の友達」だけは表示されるようです。

これは特に設定していないので、Facebookの仕様だと思います。

共通の友達すら表示されないと寂しいので、ちょうど良いでしょう(笑)

 

まとめますと、

 

・現在の設定を確認

・必要であれば変更

・プレビュー機能で、他者からの見え方を確認

 

という流れです。

確認方法・変更方法・プレビューの仕方にたどり着くボタンの位置が分かりにくいのですが、それさえ覚えてしまえば、あとは非常に簡単です。

 

きちんと設定して、Facebookを安全に楽しみましょう!

 

■終わりに

このところ、少し活動量が足りないかも、と反省しています。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・×

・ストレッチ・・・○

・RUN・・・0km

アキレス腱に違和感が、、、

次回、フルマラソン(古河)まで、あと24日。

 
今日も素晴らしい1日になります。感謝!!


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

自分のポリシーを道にしたい

Facebook投稿の範囲を自作する方法

関連記事

  1. Ethenet Fabricをコアスイッチとして利用する

    今回は、ある英文ページの要約です。英語で自分の専門分野に相当するページを定期的に要約することで、…

  2. IT企業同士のオープン・イノベーションを起こしたい

    昨日の続きです。私が仲間を集めたいのは昨日の記事に書きましたが、IT企業に対して何を…

  3. ポケモンGOに期待すること

    ポケモンGO、流行っていますね。流行りものには一度は乗っておきたい私ではありますが、サーバー…

  4. 技術は関連性を調べると、しっかり理解できる

    エンジニアでもない限り、新しい技術を理解するのは、なかなか大変です。専門分野ではないし、だから片…

  5. アジャイル開発から一般人が学べる「仕事の原理原則」

    最近、ソフトウェア開発プロセスとして注目されている「アジャイル開発」を学んでいます。このアジャイ…

  6. 自宅(事務所)に必要なのは、プリンタよりスキャナ

    以前、自宅(事務所)にプリンタは不要かもしれない、という記事を書きました。…

  7. 中小企業診断士とブログの関係

    昨日は、中小企業診断士に良く読まれている雑誌『企業診断』の座談会でした。テーマは「ブログ」。…

  8. デバイスは私たちの身体に取り込まれていく

    コンピュータの登場から今日まで、そのデバイスの歴史を辿ると、これから先の流れも想像できます。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP