menu

ウェアラブルコンピュータの現状 #661

おはようございます。渋屋です。

 

昨日は、中小企業診断士の先輩と会食。

近況報告や最近考えていることなどを中心に楽しくお話しさせて頂きました。

 

■ウェアラブルコンピュータとは?

腕時計やヘッドマウントディスプレイ(頭につけて観るディスプレイ)、メガネなど、利用者が身につけて利用できるコンピュータのことです。

 

腕時計タイプは、安全性を確保しやすく、最も普及が進んでいるタイプです。

 

Sony SmartWatch2

main

 

SAMSUNG GALAXY Gear

77a65163

 

現時点では、通話や音楽を聴くというように、スマートフォンでできることが、腕時計でもできるという程度です。

今後、身につけているからこそ機能を発揮するようなアプリが開発されると、面白い利用法が出てくるのではないか、と思います。

 

次にメガネタイプです。

 

テレパシー・ワン

02_px240

 

その先進的なデザインが注目を集めています。

上記リンク先には利用シーンの動画もあります。

テレパシーの井口CEOは、2014年中には製品を出す!と言い切っていて、楽しみです。

 

・NISSAN 3E

l_sp_131112tms_nissan_01

 

日産が東京モーターショー2013で発表したもの。

正にドラゴンボールのスカウター!! これはテンション上がりそうです(笑)

絶対に戦闘力が表示されるアプリを作る人が現れるでしょう(^^;

 

■ウェアラブルコンピュータの現状

このところ、ウェアラブルコンピュータに関するニュースが増えてきているように感じています。

 

通信、ディスプレイ、タッチパネル、音声認識などの各技術が成熟し、かつ、それらが小型化されて実装できるようになったからでしょう。

腕時計タイプは上にご紹介した通り、製品として出てきているものもあります。

 

一方、メガネタイプに対しては、運転中に利用を制限するか?などの安全性。

あるいは小型コンピュータで、様々な情報を収集できてしまうことから、プライバシーの保護の問題。

等など、法的な整備が遅れていることが、一部、導入を遅らせている理由でもあるかと思います。

 

ただ、様々な需要は既に存在していると思います。

腕時計タイプで、心拍数や体温などを情報収集して、健康管理に利用したり。

メガネタイプでは、ディスプレイ上に表示された情報を元に、何らかの作業を行ったり。

スマートフォンと異なり、両手が使えることによるメリットは多いでしょう。

 

■今はどうしましょう?

多くの方は、現時点ではこれらのデバイスを持っていないと思います。(私もランニング用のGPSウォッチ程度しか持っていません)

ご紹介したような製品は既に販売しているものもありますが、メジャーになるには、もう少し時間がかかるのでは、と思います。

 

今は、スマートフォンのテザリング環境を整えておくことをオススメします。

念のためですが、テザリングはスマートフォンの回線を使って、他のデバイス(パソコンや今回ご紹介した小型コンピュータ)もインターネット接続できるようにする仕組みです。

 

スマートフォンが私達の生活を変えたように、これらの新しいデバイスが、どんな変化をもたらすのか?楽しみにしています。

 

■3Knot CLUBのFacebookページが出来ました!

「いいね!」で最新情報が届きます。

 

■終わりに

仕事が目白押しです。

効率良く進めていかねば!

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・×

・ストレッチ・・・マスト

・RUN・・・×

次回、フルマラソン(古河)まで、あと111日。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ビッグデータは世界を変えるのか? #660

大きく考える #662

関連記事

  1. IoT(Internet of Things)は、従来型企業とス…

    IoT(Internet of Things:モノのインターネット)という言葉を、日常的に一般紙で見…

  2. なぜ安易に電話を使うのか?あなたは時間吸血鬼になっていませんか?…

    先日、私が顧客のオフィスに居たときのこと。電話があり、「そちらへの行き方が分かりません」と。…

  3. 加速しまくるコモディティ化、どう生き残る?

    こんばんは、渋屋です。毎日、IT(情報・通信)の仕事をしていて、つくづく…

  4. ITは魔法の杖ではない

    システムを導入する現場を数多く見てきて感じることがあります。新たにシステムを導入しようとする人も…

  5. 受託開発からサービスへシフトできない理由

    IT企業の支援をしていて良く聴く悩みの1つが「ビジネスをサービスモデルにシフトしたいのにできない」こ…

  6. IT(情報技術)の変化を機会と捉えたい

    一昨日・昨日とブロックチェーンについて書きました。またITに疎い中小企業診断…

  7. ITエンジニアの経験価値を最大化する

    私はかつて、ITエンジニアを12年間やっていました。その後、商品企画・マーケティングを4年間やり…

  8. ITの基礎を知ろう(Webが表示される仕組みとインターネット)

    私が初めて職業としてIT(というかパソコン)を学んだとき、ワケの分からぬ横文字だらけで、そりゃあ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP