menu

【勉強会】当日に必要なもの #581

おはようございます。渋屋です。

 

勉強会を開催するまでには、内容を練って、告知・集客をして、と大変な苦労をしてきたはずです。

上手く当日を運営するために、必要な持ち物を確認しておきましょう。

 

■事務として必要なもの

・参加者リスト

誰が来ていて、誰が来ていないのか?を確認するなど、重要な役割を果たします。

特に面識の少ない方が参加される場合には、必須でしょう。

なお、私は誰がどこに座ったのか?をメモするようにしています。

名前と顔を一致させるためです。

 

・ノート、ボールペン

何らかのメモを取ることはあると思いますので、準備しておいた方が安心です。

 

・セミナー会場費用

事前振込の場合には、忘れてしまって大丈夫です。

現地支払の場合には、事務処理を円滑に進めるために、お釣りの無いように準備していきます。

 

・お釣り、領収書

現地で集金する場合には、参加者がピッタリの金額を持ってくるとは限りません。お釣りを準備しておきましょう。

ただ、現地でのお金のやりとりは、何となく空気が冷める気がするので、私は事前集金をお勧めしています。

なお、参加者が領収書を必要とすることがありますので、準備しておきたいです。

普段から領収書を貰うことはあっても、渡すことは少ないでしょうから、前もって準備しておかないと、直前に慌てることになります。

 

・アンケート

現地でアンケートを取るなら必要です。

私は、後日メールなどで取ることをお勧めしています。

現地では、なかなかゆっくり書いて頂けないからです。

 

・名刺

現地で挨拶するためには必要でしょう。

もしまだ作成されていない方は、今後のためにも作成しておきましょう。

(会社の名刺を渡すわけにもいかないでしょうから)

 

・ドアに張り出しておく案内

参加者が会場で迷わずに入ってこれるよう、ドアに案内を張り出しておいた方が良いでしょう。

私はまだ実践したことが無いのですが、周りがやっていて良さそうだと思いました。

会場準備中に入ってこられると困るので、開場時間を示す役割もあります。

(以前に、机の移動中に会場に入られてしまい、少し困ったことがありました)

 

・音楽

会場の雰囲気を柔らかくするために、私は毎回、音楽を流すようにしています。

色々な勉強会に出てみて、必要かどうか?必要ならどういう音楽が良いのか?を探してみて下さい。

パソコンに入れておいて流したり、スマホに入れてスピーカーやプロジェクターにて出力する方法もあるでしょう。

 

勉強会のメインである講義・プレゼンをするために必要なものは、明日に続けたいと思います。

 

■3Knot CLUBのFacebookページが出来ました!

「いいね!」で最新情報が届きます。

 

■終わりに

全4回シリーズのITトレンド勉強会、いよいよ今日が最終回です。

しっかり締められるようにしたいです。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

質より量は本当か? #580

【勉強会】プレゼンに必要なもの #582

関連記事

  1. 起業ネタの探し方

    こんばんは、渋屋です。起業ネタに悩む多くの人々新たに起業しようと思ったと…

  2. ビジネスで使いやすいホテルラウンジ・カフェ(東京)

    フリーランスとして活動していると、良く困るのが場所。ミーティングをするにしても、電源を確保して仕…

  3. 管理職をやったことがないのですが、独立できますか?

    知人より、「管理職を経験したことがないが、中小企業診断士として独立できるか?」という質問をいただきま…

  4. もっと人の力を借りた方が良い

    「もっと人の力を借りた方がいいな」そんなことをふと感じています。一人…

  5. どうしてもセミナー講師になれない人は・・

    「絶対にセミナー講師だけ嫌だ!」という人がいます。■もちろん働き方は個人の自由で…

  6. フリーランスは、周囲のイベントに流されない

    こんばんは、渋屋です。今回は「診断士のタマゴ」(マインド編)です。大型連…

  7. リスクの最小化と効果の最大化 #508

    おはようございます。渋屋です。昨日は仕事後、アークフィール株式会社社長の…

  8. 普通の人で良かった

    最近、「自分が普通の人で良かった」と心から思っています。持たざる者私は幼…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP