menu

Facebookが怖い? #485

こんばんは。渋屋です。

 

今日は息子の空手に付き添い、そのまま自宅マンションのお祭りへ。

世帯数の多いマンションなので、かなり賑やかでした。

保育園の友達とも遊べて、息子としては満足な1日だったようです。

 

先日、ある方から、「ITはどこまで進化していくのですか?」と聞かれました。

 

その方はITの専門家ではないですし、むしろ素人に見えましたので、質問の意図を確認してみました。

 

すると、既にITはかなり進化してきており、その方(若い女性)の生活もずいぶん、ITに侵食されてきている。

Facebookとか、どこまで自分の私生活がネットに流出してしまうか分からないし、これ以上のIT進化は恐ろしい。

ということなのでした。

 

このとき色々な意味で、ITというのは、まだ誤解されているのだな、と感じたのでした。

 

ITが進化をすれば、人の生活の邪魔をすることも、個人情報を流出する可能性も減るでしょう。

それが進化というものでしょうから。

 

生活な邪魔だと思えば使わなければ良いし、便利で使いたいときに使えます。これは今日の時点でも同じでしょう。

(個人)情報の流出に関しては、今よりももっと簡単に公にする情報のコントロールができるようになるでしょう。

 

根本的な問題として感じたのは、

 

知らないこと=怖いこと

 

になっていることです。これはITの場合、非常に良く感じることです。

 

IT関連のビジネスに属している方であれば、知らないことがあれば、それは勉強すべきでしょう。

無駄に怖がるだけでは、一般の方にもそのような印象を与えてしまいます。

 

以前、IT業界に属している方で、Facebookを怖がって利用していないのを見たことがあります。

これなどは、やってはいけない典型的な例だと思います。

Facebookを利用すれば、

 

・クラウド型システムの形態を感じることができるし

・SNSの威力を体感することもできます

・他にも挙げきれないメリットがあります

 

こういうメリットを中途半端な理由で捨てることになるからです。

調べてみれば、Facebookは何の情報をどこまで流通させてよいか?かなり細かく設定することができます。

 

しっかり情報を制御しつつ、上記のメリットは享受したら良いのに、と思います。

 

一方、ITに不慣れな方に対しては、丁寧な説明を試みるべきでしょう。

今日の時点では、全てのITツールが簡単に・誰でも使えるようにはなっていませんので。

 

「知らないから怖い」というイメージを放置せず、正しい認識をもって利用してもらう。

使ってもらえば、生活を便利にするツールがたくさんありますから。

 

今まではITツールのことは、あまりブログに書いてきませんでしたが、そのうち記事にしていきたいと思います。

 

■終わりに

約1ヶ月振りに、5km走りました。

たった5kmなのに、既に足が疲労感いっぱいで、眠くて仕方ありません。。。

 

今日も素晴らしい1日になりました。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

楽しく、笑顔に #484

人のチカラ #486

関連記事

  1. スケジュール表(ガントチャート)を引くのが簡単!「Brabio!…

    例え少人数であったとしても、チームで仕事をすると必要になるのが、スケジュール表。 いつまでに…

  2. 受託開発からサービスへシフトできない理由

    IT企業の支援をしていて良く聴く悩みの1つが「ビジネスをサービスモデルにシフトしたいのにできない」こ…

  3. マーケティングと営業を科学する

    小さな会社を支援するなら売上アップの支援は欠かせません。中小企業白書における中小企業の倒産原因は…

  4. 専門家以外がITスキルを身につけるためには?

    このところ、ITの専門家ではない方がITスキルを向上したい、という要望を良く聞きます。&nb…

  5. SWOT分析のワナ

    こんばんは、duckです。経営や戦略論の勉強を始めると、必ず出てくるSWOT分析。認知度…

  6. アジャイル開発から学ぶ。仕事は「戦い」ではない。

    IT企業を支援する上で、主流となりつつあるアジャイル開発を学んでいます。ただ、これは単なる開発手…

  7. マーケティングの定義を考え直してみた

    「マーケティング」という言葉の定義を調べると、日本マーケティング協会・米国マーケティング協会、あ…

  8. かつてない買収ニーズがやってくる!求められるプロフェッショナル像…

    あなたもご存知の通り、日本は超少子高齢化社会を迎えています。2014年版中小企業白書より…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP