menu

顧客関係の深さ・広さと、商品ラインナップについて

年明けから3月までは、既存のお客様に対して、今まで以上の深い支援を行ってきました。
4月からはそれを新たなメニューとして実行していきます。
(近いうちに、メニューページを更新する予定です)

 

顧客とどのような関係を築くか?

その一方で、より多くのお客様(潜在顧客を含めて)にもサービスを提供したい。
ひとりで事業をやっているからと言って、私の場合、
限定された5社・10社とだけ関係を築きたいわけではありません。

深く関係構築するのは、時間の制約もあり、数社になります。
それはそれで素晴らしいことなのですが、
同時に、より多くのお客様にも、何らかの形で貢献したいと考えています。

  • 深い顧客:数社〜10社
  • たまにお会いする顧客:数10社〜
  • 遠い顧客:数100社〜

というような構成がつくれたらいいな、と考えています。

 

理想の顧客関係をつくるための商品構成

このような構成を実現するためには、相応の商品構成が必要になります。

ガッツリと支援させていただく数社〜10社は、顧問契約しているお客様。
特に4月から始める新メニューは、時間も多く投下するので、最大でも10社が限界でしょう。

逆に一番広いのが、メルマガ・ブログでつながっているお客様。
私には、お客様の顔も分からない、薄い関係性ですが、
それでも何らかの価値を感じて頂いているのなら嬉しいです。

実際、お会いしたときにメルマガ・ブログの記事の感想を頂いたりすると、
「書いてて良かった」と思えるのです。

ただ、現在の私の商品構成は「いびつ」なのです。
上図のようなキレイなピラミッド型になっていません。
一番深い「顧問・コンサルティング」と、一番広い「メルマガ・ブログ」は力を入れてきたのですが、
間に存在する、セミナー・コンテンツなどが、事実上、機能していません。

メルマガ・ブログは0円なのに、その次のコンサルティングが5万円ですから、
お客様にとっては、仮に興味を持っても、踏み込みにくいでしょう。。
ですから、現在、新規でコンサルティングをお申し込み下さる方は、
かなり高い(心理的)ハードルを超えてきている、と思うのです。(申し訳ありません。。)

 

顧客と良好な関係を築くための商品構成

私は今、共著の本は3冊ほど出させていただいていますが、ひとりで出版したことはありません。
メルマガ・ブログの読者の方に対して、まとまった読み物としての書籍は、お届けしたいと思っています。
マーケティング的に考えても、0円のメルマガ・ブログの次に、
書籍(だいたい1,500円くらい)を買うのは、抵抗感もなく、スムーズな流れでしょう。

そして、現時点で機能していないセミナーとコンテンツ。
今後はこの辺に力を入れ直さなければ、と考えています。
書籍では私と会うことはありませんが、これらは会うことができるようになります。
(実際に会うか、デジタルで会うかの違いはあると思いますが)

キレイなピラミッド型を目指して、まずは主催するセミナーを復活させようと思います。
それが結果的に、私の理想とするお客様との関係を築くことになりますし、
より多くのお客様に、微力ながら貢献できることになると考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
毎週末、バイクで100km走るトレーニングを実施中ですが、
機能は33kmしか走っていません。
今日、残りの70km行かねば・・(トレーニングしてないのに身体が重い・・)

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

クラウドサービスを活用した業務改善、典型的な3つの失敗パターン

士業は無資格で独立する人から、もっと学ぶべし

関連記事

  1. お金にこだわったのが良かった

    学校や資格の勉強を卒業して、早く実践に入りましょう!と書いた昨日の記事。一部の方の琴…

  2. 集中と迅さ #646

    こんばんは、渋屋です。■やりたいことが山積み先週までは、初マラソンに向け…

  3. 動き続けると引力が生まれる #576

    おはようございます。渋屋です。昨日は終日、家族デーでした。一昨日…

  4. 棚卸しをする #305

    おはようございます。duckです。昨日は久しぶりの外出。自社の提供する製品・ソリューションについて説…

  5. 働き方のフレームワークで考える、私がフリーランスになる理由

    以前、本ブログで4つの働き方を考えるフレームワークをご紹介しました。(働き方のフレームワークで、…

  6. 先輩経営者に対してコンサルティングすることへの躊躇

    コンサルティングを始めた頃、ある躊躇がありました。 当時はまだ会社員だったこともあり、そん…

  7. 独立しているからこそ、雇われ仕事と自分の仕事を区別する

    独立して以来、様々な仕事をしています。そのなかでも、雇われ仕事なのか?自分でつくった仕事なのか?…

  8. 5年後の私は、公的機関での業務をやっていないでしょう

    「5年後の私は、公的機関では仕事をしていないだろうな」ある日、ふと思いました。本能で感じたこ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP