menu

経営において「見えないモノ」をどれだけ大切にできるか?

経営をする上で、「見えないモノ」の重要性がますます、増しているように思います。

 

重要性が下がってきた財務諸表

今までは目に見えるモノが経営の重要な資源でした。
そして、目に見えるモノは、財務諸表に数字で表されました。
仕入れたモノや仕掛品・完成品も、言うまでもなくカネも。

しかし、モノやカネが占める、経営上の重要性は少しずつ下がってきました。
物理的なモノを持たないビジネスが増えてきましたし、
何かをするにも莫大な投資は掛からないことが増えてきました。

士業の独立を例にとると、昔は会社をつくって、オフィスを借りて、
パソコンやプリンターを準備して、さらには名刺・ロゴ・・などなどを準備していたら、
あっという間に初期費用だけでも100万円は必要だったのではないでしょうか。

今は独立に必要なのはパソコンと名刺、ハンコくらいではないでしょうか。
最初からパソコンを持っていた私の場合、独立時に使ったお金は10万円もありません。

モノやお金が重要なのは間違いありません。
お金がなくなれば、事業継続はできませんし。
ただそれでも、相対的には重要性が下がってきています。
よく言われるようになってきましたが、資本主義に限界が見えてきているから、とも言えるでしょう。

 

財務諸表に現れない大切な「見えないモノ」(顧客関連)

では、それらの重要性が下がっている一方で、大事なモノは何なのでしょうか?
まずは顧客に関することから見てみましょう。

1つは顧客でしょう。
ビジネスの基本は、既存顧客を大事にすること。
既存顧客から継続的に求められていれば、ビジネスは継続するからです。

私の知る企業に、新規顧客の受付を(ほぼ)ストップしている企業があります。
既存顧客との契約が継続し続けており、新規顧客を受けられるだけのリソースがないからです。
その企業は、顧客に高いサービスを提供する人財を重要視しているので、一気にリソースを増やせません。
(採用から教育に時間をかけているのでしょう)
それでも十二分にビジネスがまわっているのですから、既存顧客(ファン)のありがたさが分かります。

『7つの習慣』でも書かれていることですが、「信用」こそが、
ビジネスの土台であり、最初に築き上げたいものです。

次の例はフォロワーや会員データです。
メルマガなどがビジネスの起点になっている場合、このメルマガ登録者こそが、ビジネスの源泉です。
極論言えば、家・事務所・お金を失ったとしても、この登録者リストがあれば、またそこからビジネスを再起動できます。

メルマガ以外にもユーチューバーは同様です。
自分のコンテンツを見てくれるフォロワーの存在が、最終的に収益を生んでくれます。

購買履歴などのデータも財務諸表に載らない大切なものです。
各顧客が、いつ・何を買ったのか?というデータがあれば、極端な話、自分がビジネスを止めたとしても、
そのデータを売るなどして、収益を上げることができます。
自分のビジネスで活用できることは、当然です。

 

顧客関連以外の「見えないモノ」

1つ目は自社の人です。
士業・コンサルタントなどは、「自分」という人が商品です。
サービス業の多くは、人こそが財産です。
美容師などは、お店というよりも、個人にお客さんがついているのではないでしょうか。

単に人というだけでなく、人を育てる仕組みやノウハウ、
その会社と従業員の良い関係性なども、財産と言えそうですね。

2つ目はコンテンツです。
このブログは、私にとっては大切な財産です。
ブログを読んで、仕事を依頼してくださる方もいらっしゃいます。
ブログという形でなくとも、自社のノウハウを形にしたコンテンツは、大切なものです。

コンテンツという表現が正しいか分かりませんが、
良く売れた実績のあるセールスレターなども、重要な資産と言えるでしょう。

ここに挙げたものは、どれも財務諸表には載っていません。
しかし、見えないモノだからこそ、見る努力をして、大切にしていきたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
午前中は息子とキャッチボールなど。
U-10からU-12に上がったので、日曜日の練習開始が遅くなったのです。
これから毎週、日曜日午前の過ごし方を考えなければ。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

目先の売上にとらわれている近所のジムに、一言、申し上げたい

微差の積み重ねが、大きな差をつける

関連記事

  1. 口うるさいNo.2の意見に耳を傾けられるか?

    創業社長には、攻めを得意とする人が多いと感じます。自分で事業を立ち上げるくらいですから、当然のよ…

  2. IT企業同士のオープン・イノベーションを起こしたい

    昨日の続きです。私が仲間を集めたいのは昨日の記事に書きましたが、IT企業に対して何を…

  3. 自分は何者か?で目標・行動が変わる

    あいまいな目標では、何事もなされませんよ、ということを書きました。とは言え、やみくも…

  4. 攻めるだけでも、守るだけでも成長できない

    経営者には、攻めが得意な人と、守りが得意な人がいます。私自身は攻めが好き(得意とは言えませんが・…

  5. その顧客が裏に望むこと #488

    おはようございます。渋屋です。このところ、連日帰宅が遅かったのですが、昨…

  6. なぜ顧客情報活用なのか? #421

    おはようございます。渋屋です。昨日はお客様にとある説明をするために、名古屋に行ってきまし…

  7. 初めて管理職になる方へのメッセージ

    昨日、社長が「来年から管理職に昇格しよう」と考えている方にコンサルティングを行いました。私自身、…

  8. 売上が目標の組織は続かない

    こんにちは、渋屋です。台風が迫ってきています。あなたも気をつけてくださいね。&nbs…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP