menu

サービス業には絶対に必要な「価値の見える化」

昨年の年末、お客様を訪問する仕事も終わり、少し気持ちが緩んでいたところ・・
友人のメルマガで「銀行がお金を貸したくなる事業計画書の書き方」の案内がありました。

融資につながる事業計画書の書き方について、7日間メールセミナーです。
これまで、彼がコンサルティングでしか使ってこなかったノウハウ・メソッドを全公開。
事業計画書の書き方だけではなく、融資を受ける相手先、銀行とどういう風につきあえば、より満足のいく融資を受けられるかについても、かなり具体的に解説されています。

  • お金を借りに行く際に銀行に行くのが億劫な方
  • これからしっかり融資を受けて、ビジネスを拡大させたいと思っている方

これらの方々には、必読の内容と言って良いでしょう。

私はこのテーマはど素人ですから、「おぉ〜、そうなのか!」と膝を打つこと度々。
(なにせ、融資を受けたことありませんので・・)
ご興味ある方は、上記リンクから辿って、申し込んでいただければ。

 

顧客の脳内回路をつくり出す「見える化」

ちなみにこのメールセミナー、事業計画書を作成するためのヒアリングシート(Word)や、キャッシュフロー計画書のサンプル(Excel)も貰えてしまうんです。
この2つのドキュメントを読んで、「やられた!」と思いました。

このメールセミナーを配信しているのは、以前からの友人のあべきさん。
彼とは、もう6年近く前、あるセミナーでお会いしました。
元々ITエンジニア、士業を目指している、年齢も同じと共通点が多いこともあり、6年前からずっと意識してきた存在です。

最近は数ヶ月ごとにお会いしつつ、情報交換しています。
前回は私が大阪出張のとき、落ち着くお店でご馳走になってしまいました。
(あべきさん、その節はありがとうございました!!)

で、そんなあべきさんに「やられた!」と思ったのは、
メールセミナー本文からも、ダウンロードした資料からも、彼のノウハウ・メソッドが詰まっているのを感じたからです。
融資に強いということは、以前から知っていたのですが、それを実際に見せられた気持ちになりました。

ひょっとしたら、税理士の方であれば、このメールセミナーで得られるノウハウは持っているのかもしれません。
あるいは、税理のなかでも、あべきさんのスキルは高いのかもしれません。
でも、それは素人の私には分かりません。
少なくとも、融資を受けたい側(経営者)と銀行側、両方のことをよく考慮して、最善の提案をしてくれるだろう、ということを感じました。

大切なことは、私の脳内には「融資=あべきさん」になったことです。
融資で困ったことがあれば、私はきっと、あべきさんに頼むでしょう。
これが「見える化」の効果です。

 

サービス業は、「見える化」で価値を伝える

話は変わりますが、私がいつもお世話になっているマッサージ屋さんには、面白い掲示がされています。

  • 痛みが「9〜10」なら、毎日通院
  • 痛みが「7〜8」なら、週に4〜5回通院
  • 痛みが「4〜6」なら、週に3回通院
  • ・・

というように、最初に強い痛みを感じたときの値を10と基準にして、
その後の治療で痛みが収まったときに、どれくらいの頻度で通院すべきかが書いてあります。
そのためか、どの先生も患者さんに「今の痛みを数字でいうとどれくらいですか?」と聞いています。

最初から書いて貼ってあるのが大切です。
書いてなければ、「儲けるために、もっと来いと言っているのだろう」と疑った見方をしてしまうかもしれません。
しかし、最初から壁に貼って伝えているので、堂々と「目安としてこれくらい通って下さいね」と言えるのです。

と同時に、患者さんに痛みを数字で表現してもらうことによって、回復具合を自分で判断させる効果もあります。
「最初は10だったけど、6まで楽になった」と通院して回復したことを、自ら認識してもらうのです。
病院で施術したことによる成果を、暗に伝える意味もあるでしょう。

コンサルティングのような、価値の分かりにくい・伝わりにくい商売をする人にとって、「見える化」は大きな課題です。
私も今年はそれを大切なテーマと掲げていました。
今までは対面でお会いする顧客に、その場で価値をお渡しすることに全力を尽くしていました。

あべきさんに負けないように、私の持っている経験・ノウハウを、目に見える形でお届けしていきます。
そんな決意をさせてくれたあべきさんに、改めて感謝です。

あべきさんの「銀行がお金を貸したくなる事業計画書の書き方」、気になる方は読んでみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨晩は中小企業診断士の仲間(と言っても人生の大先輩ですが)と会食。
隠れ家のような場所にあるお店で。
新たな活動をされるということで、勝手に心から応援させていただきました。

今日は大阪に出張して、情報セキュリティセミナーの講師です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

PDCAをまわして、継続的に改善する組織をつくる3つのこと

独立しているからこそ、雇われ仕事と自分の仕事を区別する

関連記事

  1. 周りに流されて遊ぶだけのGWは危ない

    ゴールデンウィーク突入ですね!何か遊びの計画は立てていますでしょうか?・・と聞きつつ、私は無…

  2. お金にこだわったのが良かった

    学校や資格の勉強を卒業して、早く実践に入りましょう!と書いた昨日の記事。一部の方の琴…

  3. ホームページ設置で大切なこと

    ホームページを設置する際、ITが苦手な人ほど、人任せにしてしまいます。最終的に作業は人に任せると…

  4. 【独立のリアル】独立するときに事務所は必要ですか?

    独立について尋ねられるときに良くある質問です。「事務所はどうしていますか?」私自身は現在…

  5. 1円の重みに違いを感じた瞬間

    これまでの人生を振り返ると、同じお金をもらうにしても、印象に残っている瞬間があります。そのと…

  6. 士業・コンサルタントが価格を上げられない単純な理由

    士業・コンサルタントの方から「価格を上げられません」と相談を受けることがあります。この理由は、私…

  7. サロネーゼに学ぶスタートアップ #613

    おはようございます。渋屋です。■昨日の日経新聞、1面と3面に「サロネーゼ…

  8. 売れる組織と売れない組織の違い

    売れる組織と、なかなか売れない組織。この違いはどこにあるのでしょうか?個人ではなく組織と…

最近の記事

PAGE TOP