menu

経営者が挑戦し続ける社会へ

日々、中小企業を支援している上で、私が意識していること。

経営者が「安心」して経営できるようになること。
自分の会社や事業に、「誇り」と「自信」を持つこと。
さらにその上で、自社の強みを活かして「挑戦」する会社が増える社会になること。

これが、私の夢です。

今もまだ、書くたびに言葉を修正しているのですが、
少なくとも私が独立して、中小企業を支援したいと思った根本の想いが、
ようやく言葉になりつつあります。

 

経営者が挑戦し続ける社会の前提になるもの

私は経営者がチャレンジしまくる社会にしたいのです。

その方が変化があって、独自の商品・サービスが次々と生まれて、面白いから。
そして働く人全てが、自分のど真ん中を生きられるようになるから。
ザクを量産するような会社よりも、一人ひとりの個性を大切にする会社を増やしたい。

そのためには、マズローではありませんが、段階が必要です。
チャレンジするためには、まず足元の経営が「安心」できなければなりません。
明日、資金が底をつくと分かっていたら、チャレンジなどできないでしょう。

安心した上で大切なのは、自分の事業に対する「誇り」と「自信」です。
私は今、日本で多くの人が失っているのは、この2つではないか?と思っているのです。
日々、「日本はここがダメだ」的なニュースが溢れているのも、その証拠でしょう。

誇りや自信があれば、堂々と自社・商品をアピールできるようになります。
誇りを持っている時点で、「自社が儲ければ良い」という視点ではなく、
「顧客」「社会」にどう貢献するか?という視点に変わっているからです。

さらに、その誇りや自信は、自分だけ抱くものではなく、
従業員やパートナーの方にも持っていただけるように働きかける。
そういう基盤が整った上で、「挑戦」ができるのです。

 

スモールビジネスを応援する理由

ここでの「挑戦」とは、若者が行う無謀な挑戦ではありません。
従業員やその家族の生活を支える経営者だからこそ、
「安心」そして「誇り」・「自信」という段階を経て、初めて「挑戦」ができるのだと考えています。

私が主に30人以下の企業を支援させていただいているのは、
経営者が従業員を支えるという意識が、最も強い段階だからです。

一般的に会社規模が大きくなるにつれ、その意識は薄くなっていきます。
大企業経営者は、多くがただの雇われ経営者ですから、そのような意識は皆無です。
私が応援したい人は、そのような人たちではありません。

「人生そのものを賭けている」経営者、
自らリスクを負って、挑戦したい、社会を変えたい、と強い想いを持っている経営者こそ、
私が応援したい人です。

なお、ここまで「経営者」という表現を使ってきましたが、
ひとりでビジネスを行うフリーランスや、事業を立ち上げようと思っている会社員、複業をしている方など、
全てを含んでいます。

 

圧倒的にすべてが足りない・・

私なりの夢(=ビジョン)が、以前より固まってくるにつれ、
「あらゆるものが足りない」と感じるようになってきました。

経営者に「安心」していただくためには、その会社が仕組みで売れるようにならなければなりません。
その仕組みを、今よりももっと早く・精緻に構築できるようになりたいです。
それ以前に、経営者が不安に思っていることや悩みをじっくり聴くための、ヒアリングの技術も必要です。

「仕組み」と一言で書くとシンプルなのですが、
それが機能するためには業務プロセス、それを支えるシステム、人・組織が必要です。
人が動いてもらうためには、ミッション・ビジョンを掲げるだけでなく、評価制度への組み込みも必要です。

「売れる仕組み」ですから、マーケティング・セールスに関しても、もっと掘り下げなければなりません。
定期的に評価・改善することも必要です。

売れる仕組みをつくるということは、言わば事業をつくるということ。
幅広いスキルが求められる一方、理論だけではない、実践で使えるノウハウが求められます。

スキルが足りない。
それらを習得するための時間とお金が足りない。
それ以前に人格が未熟だ・・

最近、理想と現実のギャップが大きすぎて、途方に暮れることがありました。

 

戦略とは絞ること

と、ここで基本に立ち返りました。
そもそもひとりでやっているので、全てを自分ができるはずがありません。
リソースが限られているからこそ、どこに絞り込むのか?という戦略が必要なのです。

そして、捨てた部分はパートナーと協力して行っていこうと思います。
ですので、改めてパートナーになり得る会社・人を探していこうと考えています。

私は私のできることに注力しつつ、
挑戦する経営者に負けずに、私も挑戦していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今月から週末にロングライドを始めたからか、常に身体から倦怠感を感じます。
今まで自宅のローラー台で1時間、30kmくらいしか乗ってなかったのに、
毎週末、土日で100km以上乗っているので、身体が驚いているのかもしれません。
これにもう少し慣れてくれば、6月の五島でも戦えるようになるハズ。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

スモールビジネスに「顧客管理」は必須である

毎日の情報発信をメルマガに切り替えます

関連記事

  1. 独立・起業時の夫婦関係

    昨日は独立する上での人脈について書きました。■昨日書きました通り、外の方との人間…

  2. ビジネスモデル #307

    おはようございます。duckです。昨晩は少し仕事が遅くなってしまいました。毎週木曜日は出勤前にじぶん…

  3. 【勉強会】告知文は真似から #552

    おはようございます。渋屋です。何とか早起きできました。小さな3連…

  4. 週に半日〜1日を投資時間にしました

    3月4日(金)独立のリアルを語るセミナー(最終回)を募集開始しました。ふと、なんで自分の悩んだこ…

  5. サロネーゼに学ぶスタートアップ #613

    おはようございます。渋屋です。■昨日の日経新聞、1面と3面に「サロネーゼ…

  6. 3Knot CLUBって何やるんですか? #539

    こんばんは。渋屋です。今日は午前中、肩の治療に行き、お昼から「3…

  7. 独立した中小企業診断士の仕事が分かりにくい理由

    会社を辞めるとき、「取った資格(=中小企業診断士)で働くんですか?」と良く聞かれました。その場で…

  8. 何のために独立したのか?改めて考えてみる

    先日、ちょっとしたことから、「なぜ独立したのか?」を考えさせられる出来事がありました。改めて考え…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP