menu

無理難題を言われたモン勝ち

先日、初めてお会いした社長から、
色んな無理難題を言われました。

「県の部署Aと部署Bが連携してくれない」
「あの商工会議所が言うこと聞いてくれない」
「○○から派遣されてきた中小企業診断士が酷かった」
「○○業界の△△は、どうにかならないものか」

初対面の社長だったのですが、
まぁ、良く出てくること出てくること(笑)

その場に居た専務他、社員たちも苦笑いです。

コンサルティングの冒頭に、

「私にも解決できないことがあります。
それをご承知の上でお話し頂ければ」

と言ったにも関わらず、終始こんな勢いでした。


私は、このコンサルティングは、
価値を感じて頂けたのだと実感しました。

この社長は高い視座をお持ちの方でした。

日本の問題をしっかりと捉えて、
その問題を解決するための商品を作っています。

しかし、厄介な問題だからこそ、
そこに過去のしがらみや利権が関係してきます。

「何とかならんのか!」

という怒りが、上記のようなコメントとなって現れたのです。


面白い取り組みをしている会社なので、
多くの中小企業診断士や、市・県の方が訪れるそう。

きっと、今までお会いした方々は、
話が通じなかったのでしょう。

お役所の都合を持ち込まれたり、
「市場がない」でバッサリと切り捨てる診断士が居たり。

それで溜まった鬱憤を、
私にぶつけたのだと感じました。

要するに「話の通じるヤツがやっと現れた」と、
感じて頂けた様子。

困っていること、苦労していることを、
まずは理解し、共感すること。

人間関係が構築されなければ、
とてもコンサルティングなんてできません。

診断士とか、資格を持っているからなどという理由だけで、
どこの誰かも分からない他人から、
助言や支援など、されたくないのです。
(公の立場を持っていたとしても)

コンサルティングの前に、
しっかりと人間関係を築く。

そのことを疎かにしているケースが
多すぎるように感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

IT企業で働くなら、実はオススメ、中小企業担当

独立を目指したら行いたいこと

関連記事

  1. 技じゃなくてもいいから覚えてもらう

    昨日は資格以外の技を持ちましょう、と書きました。■特別なスキルではなくとも、…

  2. 誰から学ぶか?は超大事

    昨日は丸1日、セミナーに参加してきました。改めて誰から学ぶか?は、超大事だと感じました。…

  3. 活動基地を持つとラクになる

    フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、「活動基地」があるとラクになります。■…

  4. ビジネスパートナーと共に顧客のニーズに応える

    IT企業支援で、技術的な面が増えてきました。■私はエンジニアではないので、どこまで踏…

  5. お金と稼ぎ方を真正面から考える

    私が今まで生きてきた環境では、真正面から真面目にお金の話をすることに一種のタブー扱いがあるよ…

  6. 中小企業診断士(士業)の仕事分類

    中小企業診断士の仕事は、他の士業と比べると多様性が著しく高いのではないか?と思います。独…

  7. 売り物はコンサルティングだけではない

    私たちはコンサルタントだからといって、売り物をコンサルティングだけに絞り込む必要はありません。…

  8. 自分という商品への想い

    コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、「自分」が商品であることを痛感します。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP