menu

第1回:ITでスモールビジネスを元気にする会(仮称)を行いました

昨晩、「ITでスモールビジネスを元気にする会(仮称)」を行いました。
私がFacebookで会の趣旨などをぼやいたら、手を挙げてくださった物好きな方(笑)が思いのほか多く。

20人以上からご連絡をいただきました。
しかし、こういう場を立ち上げるときは、まずは少数で一気に立ち上げる方が上手くいくと経験上感じていますので、第1回は私を含めた6人で実施しました。

なお、ここには書いていませんが、神奈川のスモールビジネスを主な対象にしていますので、活動も直近は神奈川です。
昨日の会合も、横浜駅近辺にて行いました。

参加者の内訳は、中小企業診断士3名、受託開発をメインとするIT企業経営者1名、IT企業3名(重複カウントあり)でした。
個人的には診断士以外の士業にも来ていただきたいし、IT企業経営者はもっと増えて欲しいと思っています。
そして、ITエンジニアもウェルカムです。

 

なぜITが利用されないのか?

会の趣旨、自己紹介などを終えてからは、いきなり本題です。
なぜ中小企業でITが活かされないのか?

データとしては少し古いものですが、この情報を元に、参加者が感じたことや実体験を共有しました。
このデータで語られていることは、参加者も感じていることでした。

  • ITの価値が分からない
  • IT素人がやりたいことを通訳してくれる人が居ない
  • 社内で推進できる人がいない

ここで感じたのは、実はIT業界には恐ろしいほどのブルーオーシャンが広がっていることです。
ITをガツガツと利用しているのは、あくまでもごく一部の企業です。
世の中の多くの組織、特に小さい企業は、まだまだITを活かせていません。

ただ、決してITリテラシーが高いわけではないので、お付き合いするのに時間が掛かるのも確か。
だから大手インテグレーターや、大手外資系メーカーなどは、中堅企業以上しか狙わないのでしょう。
彼らの言うSMB(Small and Medium Business)マーケットは、従業員数、数100人以上を指すことがほとんどですから。

大手は入ってこない。入れない。
しかし、確実に潜在ニーズはある。(顕在化はしていない)
ブルーオーシャンじゃないですか!と。

この会を継続する意義を、いきなり感じた議論でした。

 

ITは怪しい、信頼されていない

それから出た意見がこれです。
かつて(今も一部居るのでしょうが)、大した意味もないのに、高額な機器を売りつけていた会社がありました。
私たちも、企業とやりとりしていると、未だに意味不明なリースを払い続けているようなケースに出会うことがあります。

「なんか売りつけられたけど、何が良かったのかサッパリ分からない。」

こんな過去があったら、ITを、そしてIT企業を信じられなくなるのも当然ですね。

そもそも論として、ITを語る以前に、ビジネスパーソンとしての倫理観を持つこと。
あらゆるビジネスに言えることですが、売ろうとする前に、信頼関係を築くこと。
そんなことを感じた議論でした。

信頼関係を築くためにできることは、フラットな意見・情報を発信すること。
病院で言えばセカンドオピニオンのような。
IT企業から提案された内容を、第3者の目で観る。
そういうサービスができたら良いね、というような意見も出ました。

また、経営者向けの駆け込み寺だったり、学びの場があっても良いのでは、という意見もありました。

 

「IT導入」よりも「その後」を

IT企業の多くにとって重要なのは、システムをつくって、導入してもらうこと。
それで売上が上がるのですから、ある意味で仕方のないことです。

しかし企業にとっては、そのシステムを使って成果を上げることが目的です。
導入することよりも、その後、しっかりと使いこなすことの方が大事です。
つまりIT企業と導入する企業の間にギャップがあるのです。

大企業であれば、IT部門などが仲介役となって、利用者をフォローすることができるかもしれません。
しかし、小さな企業には、そんな社内体制を組めません。
ですから誰かが、導入後をフォローする仕組みが必要だと感じています。

IT企業には、ビジネスモデルの転換が求められています。
単につくって、納品して終わり、あるいはサービスを契約してもらって終わりではありません。
システムを活用してもらって、成果を上げてもらうことによって、自分たちの売上も伸びる。
そういうサービス体系へ転換できた企業は、成功していくのではないでしょうか。

まだここでは非公開ですが、私たちができる具体的な活動も、方向性を決めました。
良い取り組みになると思うので、引き続き、このような場をつくっていきます。
次回は1月開催予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨晩、会の終了後はそのまま懇親会へ。
飲んでもIT関係の話が続きました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

1年の振り返り・新年の目標設定の前に、やらなければならないこと

便利なコミュニケーションツールを使いこなそう

関連記事

  1. 人工知能(AI)と付き合うときの発想法

    人工知能(AI) については、悲観論も楽観論もありますね。AIは特定の技術を指すものではありませ…

  2. 自律化される世界とブロックチェーンの必要性

    「インターネットの登場以来のインパクトがある」ブロックチェーンを知る人の話を聴くと、「とにか…

  3. 「Virtual(ヴァーチャル)」を「仮想」と訳すから本質を見逃…

    「Virtual」を何でも「仮想」と訳すのは、間違いとは言わないものの、本質を見逃しやすい危険な…

  4. なぜ未だにインターネット選挙は実現しないのか?

    選挙が終わりましたね。結果そのものについて、ここで意見を述べるつもりはありませんが、今回、大…

  5. IoTで実現する大企業とベンチャーのコラボ

    こんにちは、渋屋です。ようやく体調が回復してきました。薬は飲まなくて良さ…

  6. TAXAN LEDプロジェクターKG-PL032W使用レポート

    今どきのモバイルプロジェクターって、本当に小さくて高性能なんですね!調べているうちに物欲を掻き立…

  7. 人工知能(AI)時代の働き方を考えていますか?

    昨晩は、イベントに参加してきました。【超AI時代 × フューチャーセッション】私たちの生き方・働…

  8. 下請け・孫請け受託開発から脱却するには

    昨日はIT業界を大きく4つに分けて、その特徴を考えてみました。https://biz-it-…

最近の記事

PAGE TOP