メルマガ:非常識なコンサルタント

アピールするなら自分の売上よりも顧客の成果

最近、士業・先生業向けの広告があまりに多くて、
目にするのが嫌になってきました。


例えばFacebook。
私は、士業、あるいは中小企業診断士のカテゴリで
いくつかのグループに属しています。

そういうところでしきりに

独立して1,000万稼ぎましょうとか、
ネットで集客しましょうとか、

定期的に流れてきます。
また、普通に広告も頻繁に表示されます。

強いアピールが苦手だからでしょうか。
こういう広告的な通知やメルマガは、
ほとんど無視・解約するようになりました。

(たまに研究目的で読みますが・・)


私が苦手なのは、
自分の成果をひたすらアピールされること。

私は1,000万稼いだ、
僕は3,000万、
俺は5,000万、、

もういくらでも良いですって、
と感じてしまうのです。

確かに独立直後の一番の課題は稼ぐこと。

お金がなくなれば事業や生活の終わりですから、
その重要性については、一時たりとも忘れません。


ただ、どうせアピールされるなら、
そのコンサルタント自身がいくら稼いだか?よりも、

その顧客がどれだけ成長したか?を知りたいと思うのです。

もちろん、守秘義務がありますから、
あまり具体的なことは言えません。

それでも、顧客が抱えていた課題に対して、
どういう支援をしたのか?
その結果、どうなったのか?こそが、
最も知りたいことではないか、と思うのです。

何事についても、ついつい自分の成果をアピールして
しまいたくなるのが人情ですが、
本当に知りたいのは顧客の成果です。

強く自戒を込めて書いてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村