ブログ

小遣い稼ぎはしない

こんばんは、duckです。

突然ですが、私はお小遣いを稼ぐことはしません
具体的な行動としては、

読み終わった本を、チマチマと売る
  (全く手間が掛からずに、業者が自宅まで取りに来てくれるなら売ります)
10円・100円を節約するために、遠くのスーパー・薬局などに行く
  (コストダウンですが、一種の小遣い稼ぎかと)

というようなことです。理由は時間が勿体無いからです
本を売るのも、100メートル先のスーパーに行くのも、最低数分は掛かります。

さて、5分で100円を稼ぐのは、理にかなった行動でしょうか?

これは時給に換算すると、1,200円です。
年間で働く時間を、ザックリと2,000時間だとすると、
これは、年収240万円相当の労働ということになります。

今度は逆の計算をします。年間2,000時間労働だと仮定して、

年収500万円だと、時給2,500円
年収1,000万円だと、時給5,000円
年収2,000万円だと、時給1万円

こうやって計算をしていけば、自分の時間単価が分かってきますし、自分が目指す年収の時間単価も分かってきます。

私は、自分の時間単価よりも低い行動は、やらないことにしています。
(もちろん、自分がやりたい行動であればやります
やりたい行動ということは、有意義な時間を過ごしている、ということですので。
これ大事です
そういう無駄な時間の使い方は出来るだけやめて、将来の自分に投資する勉強だったり、趣味の時間に使います。
そうした方が、人生全体的に豊かになると思っているからです。

最初に書いたような例は、私にとっては

時間でお金を買う

という、非常に勿体無いことをしていると感じるのです。
逆に、

お金で時間を買う

ことはやります。より正確に書くと、

無駄な時間を有意義な時間に変える

ためにお金を払うということです。こちらも具体例を。

また今度、家の大掃除をしてもらいに業者を呼ぼうと思っています。
年末の繁忙期などを避けて、値段が安くなった時期にプロを呼ぶのです。

換気扇の油とか、お風呂場の細かい汚れとか・・・
自分がやったら何時間も掛かるし、それでもキレイになるか分かりません
プロの力でキレイにしてもらい その間、自分は読書や勉強、あるいは子供と思いっきり遊んだり
豊かな時間を過ごすのです。

・・・と書いていたら、他にも無駄な時間ないかなと気になってきました。
有意義な時間に変えるのだ