ブログ

情報という麻薬

こんばんは、duckです。

この数年、仕事をしているときでも、プライベートでも、
情報のシャワーを浴びて、その中から自分に必要な情報を取り出すのが必要になっています。

しかし、じっくり考えなければならないときでさえ、
ふと気付くと情報を漁(あさ)っている自分が居ます

情報を捌(さば)くのは、瞬間的な判断が必要な処理です。
一方、じっくり考えること。例えば、戦略を練ることに必要なのは

大局的な視点で物事を捉え、
具体的な個々の項目を考え、
さらに個々の項目間の整合性を確認し、
再度、大局的な視点で見て一貫性があるか
・・・
(繰り返し)

というような行動なので、かなり時間を要します
そして、言うまでも無く、かなりキツイ作業です

このようにじっくり考えるときに、情報のシャワーは雑音にしかなりません。
1つのことに集中すべき時間だからです。

しかし情報を捌くのは、

なんとなく仕事をした気分になれるし
瞬間で判断できるから、キツくないし
オマケに新しい情報に触れられる喜びもあるし

気付くとやってしまう、麻薬のような存在だと思います

私は集中して考えるべきときに、油断するとすぐに新しい情報を漁っています
もちろん、新しい情報を仕入れ、処理し、自分に取り入れることは大切です。
それが麻薬とは異なるところなのですが、

必要でやっているのか?
あるいは麻薬的に取り付かれてしまっているのか?

を常に意識する必要がありそうです。

こんなに情報ビンボーなのって、私だけなんでしょうか