ブログ

ゲーム

完全に正月らしい、ダラけた暮らしです。嫁の実家に来ているので、自分の自由になることが少ないのですが、それにしてもダラけてます。
4歳になった息子が最近、色んなゲームに興味を持ち始めています。トランプ(神経衰弱、ババ抜き)、オセロ、スゴロク、子供向け将棋、etc
今晩は神経衰弱を少しやり、初めてババ抜きに挑戦しました。
約2時間、子供の集中力は凄いですね。トイレに行った以外、ずっと集中してました。
さて、当たり前のことですが、ゲームをやるためには、まずルールを覚えて、やり方に慣れ、常套手段のようなものを身につける必要があります。今の息子はルールを覚えて、やり方に慣れる段階です。小さな手でトランプを持つのも精一杯ですので。(ふと、自分が小さかったときに、トランプをたくさん持てず、親の大きな手が羨ましかった瞬間を思い出しました。こういう家族団らんも大切ですね~)
息子が勝てば大はしゃぎし、負けると大泣きする姿を見ていると、素直で真っ直ぐな息子だな~と親バカモードに突入するのですが・・・にひひ
ふと、こんなところから人生経験が始まっているのだな、と思いました。
気を抜けば負けます。たかがゲームですが、負けは彼には大泣きするほど悔しいので、良い経験になっていることでしょう。今のうちから、負けを学んでおいて欲しいですね。
今は素直な4歳児で良いですが、将棋・麻雀などを大人と対等に戦える年頃になれば、戦略を考えるとか、相手の様子をうかがう観察眼のようなものも求められるようになってくるでしょう。
昨年、彼が3歳のときのお正月は、ゲームをやるような暮らし方は出来ませんでした。
来年はいったい、どこまでゲームらしく戦えるようになるのか?楽しみになってきました。あ、ちなみに神経衰弱とか、ヤバいですね。大人にとっても良いトレーニングでしたにひひ