menu

どこを使って売っていますか?

昨日は、戦略うんぬん以前に、
顧客のことをもっと知りましょう。
そのために顧客に会い、リサーチしましょう。

ということを書きました。


顧客のことを知り、
顕在化した、あるいは潜在的なニーズを発見し、
そのニーズを満たすための商品・サービスを提案する。

そうやって、モノは売れていきます。
コンサルティングのような目に見えないものでも、
物理的な物であっても、商売の本質は同じです。


ただ、コンサルティングのように目に見えないモノ、
さらには人に強く結びつくサービスを提案するために、
私は殊更に気をつけていることがあります。

アタマで売ろうとしないことです。

パソコンのような物であれば、
論理的に考えて、スペックを比較して買うこともあるでしょう。
(それでも、カッコイイとか、感情で買うことも多いでしょうが)

しかし、人に紐づくコンサルティングは、
なかなか論理的に考えて購入できるモノではありません。


アタマ(論理)-胸(感情)-丹田(魂)

この関係を常に意識しています。
覚悟が必要なモノほど、丹田での決意が必要になります。

コンサルティングを買うことは、
目に見えない高額なモノを買う不安を克服することです。

買った後、自分が成長するためにコンサルタントに
追い込まれるかもしれない恐怖と戦うことでもあります。

だから、買う側は丹田での決断を求められるのです。
それゆえに、売る方も魂レベルで売ることが求められると思っています。

顧客のビジネスや人生とガッチリ向き合う覚悟。
自分が描く世界観に他者を巻き込む意気込み。

そういった魂を込めた提案が、
顧客の心を動かし、丹田での決断につながるのだと感じています。

最近、「テクニックで売ろう」という風潮が強いので、
アンチテーゼを掲げてみました。

独立前に身につけておきたい3つのスキル

市場動向を把握するために参照しているデータ一覧

関連記事

  1. 投資に対する社長と会社員の意識は違う

    独立後、コンサルタントとして社長を支援するとき、注意したいのが、投資に対する意識の違いです。…

  2. 左脳と右脳の両刀遣いでコンサルティングが変わる

    コンサルタントと言えば、左脳を使う論理的な仕事。「ロジカルシンキング」とか、外資系コンサルとかが…

  3. いきなりコンサルティングは売れません

    「独立してもコンサルティングが売れる気がしないんです。」先日、ある方から言われました。…

  4. 何を捨てるのか?

    企業を支援していても、独立後の人を見ていても、あるいは自分自身を振り返っても、難しい…

  5. 悩みや課題を発見する秘訣

    昨日はお昼と夜、仲間とご飯を食べながら、近況報告や情報交換などをしました。Fさん、Aさん…

  6. 常識人だからこそ、人の常識に振り回されていませんか?

    士業やコンサルタントに中で、「常識」とも捉えられているような考え方があります。■・事…

  7. 行動するか、しないかを見極めるポイント

    コンサルタントである以上、顧客が成果を上げることに全力を尽くしています。■色んな顧客…

  8. 見え始めた私の勝ちパターン(方程式)

    ブログを書いて、メルマガを書いて。見る人から見ると、私は「ネット営業の人」なのかもしれません。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP