メルマガ:非常識なコンサルタント

営業できないと避けられないこと

このメルマガでも、ブログでも何度も書いていますが、
士業の多くが「営業ができない」という致命的な弱点を
持っています。

では、営業ができないとどうなるのでしょうか?


自尊心が傷つく。

1つは自尊心が傷つくことです。
自分で営業ができないということは、
誰かから紹介で仕事を請けることになります。

顧客の経営を支援する「コンサルタント」を
名乗っているにも関わらず、
自分で仕事を開拓できていないという事実。

顧客の前では売れているフリをするけれど、
実際には次の仕事を振ってもらえるのを
待つしかない自分が情けなくなっていくのです。

この狭間に立ち続けることにより、
自尊心が傷つけられていくのです。


利益率が下がる。

2つ目は利益率。
人から紹介される仕事の大半は、金額が決まっています。
少なくとも私は、紹介いただいた仕事で金額交渉
できた試しがありません。

となれば、利益率の低下は免れません。
コンサルタントのように、私たち自身の頭と身体が
経営資本である事業は、時間を取られているにも関わらず、
十分な利益が上がらなければ、すぐに干上がってしまいます。


リスクが上がる。

最後にリスクが高いのです。

仕事を紹介に委ねているから、
いつ仕事が来るのか分からない(時間のリスク)

やっと紹介してもらっても、
金額は自分で決められない(お金のリスク)

ビジネスでは下流に行けば行くほど、
この3つの壁が立ちはだかります。

逆に言えば、営業力を鍛えることで、
自分で直接顧客を開拓することができると、

自尊心が高まり、利益率が上がり、リスクが下がる。
ということですね。