menu

「日収 100万円」の世界から感じたこと

最近、恐ろしい2人にお会いしました。
1人はコンサルタント(本人はコンサルトは名乗っていませんが)で、平均日収100万円の方。
もう1人はセミナーや研修の講師で、平均日収80万円の方。
月収でも年収でもありません。「日収」です。

運良くどちらの方とも会話することができ、その違いを感じざるを得ませんでした。

 

思考パターン、見えている世界観の違い

偶然か分かりませんが、おふたりとも、実に良くしゃべる(笑)
きっと、普通の人と比べて、より高い解像度で世の中を見ているのでしょう。
私がザックリとしてしか感じないことを、より詳細に見ていて、ご自身なりに言語化されていました。
そして、その世界観を人に伝えたくてしょうがない、そんな情熱を感じたのでした。

おそらく、同じ世界を見ているようでいて、実際には異なる世界を見ているのです。。
大人と子どもが同じ景色を見ても、感じることは異なるはずです。
それと同じように、普通の人が見ている世界と、彼らが見ている世界は違うのです。

同じものをより詳細に、その一方で高い視点・視座から物事を見ている。
さらには思考パターンが異なります。
例えば、講師の方は、ご一緒していた会食が面白いからと言って延長し、その後の予定をその場で変えていました。
お金よりも時間よりも、心惹かれる体験を最優先しているのが分かりました。

 

想像できない世界には辿りつけない

このおふたりと会話して良かったのは、「日収100万円」の世界を見られたことです。
目の前にいたおふたりは、傍目にはいたって普通の方でした。
ギラギラしてないし、成金の雰囲気もないし、町中で見かけてもフツーの人と感じるでしょう。

そんな普通に見える方々が、実際には普通の人たちの100倍稼いでいる。
その事実を実感できたことが収穫でした。

人間、想像できない世界には辿りつけません。
逆にリアリティを感じた世界には、確実に近づくことができます。

マラソンもトライアスロンも独立も、始める前は自分とは別世界でした。
でも、リアリティを感じた結果、そこに近づき、達成することができたのです。
さすがに今回は、そう簡単に同じことはできませんが、、

 

それほどスキルに差があるのか?

もう1つ感じたのは、スキルに収入ほどの差はない、ということです。

当たり前ですが、同じ人間、そう簡単にスキルの差が100倍にもなりません。
スキルの差は100倍もないので、そこに近づくのは100倍は大変ではないということです。
せいぜい10倍の差なのでは?と勝手に感じました。

ただ、おふたりともに共通していることがいくつかありました。
1つは自分の専門分野に特化していること。
ひょっとすると、他のことは疎いのかもしれません。
とにかく、その分野に関しては、誰も勝てないのでは?と感じさせるのでした。

もう1つは、スキルを多重に積み重ねていること。
1つの専門分野に特化していると言っても、そこの専門バカになるわけではありません。
当然のことながら、自分のスキルを売る仕組みに長けていたり、あるいは一般教養と言われるようなことを深くご存知なのです。

この方々の真似をできるか?と言われると、学問的に1つの分野を掘り下げているわけではないので、簡単には真似できないのです。
また、スキルだけではありません。
市場で現在のポジションを築くために、幾重もの仕掛けを施してきたのです。
高い模倣困難性。
競合が生まれない。結果として高く売れる。

話を聴きながら、唸るしかありませんでした。
唸るしかありませんでしたが、そこに近づくために何ができるのか?考えたのでした。

なお、言うまでもなく、稼げば稼ぐほど良いとは思っていません。
自分にとって、最適な稼ぎであれるのが一番でしょう。
補足まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今朝4時起きで、何とか今週中の仕事をやりきりました。
その後、スイム練習をして、妻と買い物。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

仕事の割合を最適化する

その仕事、お金を出しているのは誰ですか?

関連記事

  1. 定年リスクを避けるための副業・週末起業

    前回の記事で、会社員は定年リスクを抱えていることを書きました。この記事での結論は、「…

  2. 基本から入ろう #458

    おはようございます。渋屋です。先日買った、GPSランニングウォッチ GARMIN ForeA…

  3. 独立を目指す人のための中小企業診断協会との付き合い方

    独立を目指す場合、診断協会とどのように付き合えば良いのでしょうか?<スポンサードリンク>…

  4. 一人で悩むより #291

    こんにちは。duckです。昨日・一昨日の記事で、やることを絞り込んでいくべきだ、ということを…

  5. 断絶を乗り越えられるか #415

    おはようございます。渋屋です。昨晩は3度目となる起業ワークショップを行いました。今回…

  6. 目標決めました #243

    おはようございます。duckです。今日は5時起き出来ました。この3日間で5時→5時半→5時なので、徐…

  7. 独立・起業したら事業収入を妻に教えるか?

    会社員の頃、私の周りでは給与(年収)は妻に教えている方がほとんどでした。でも、独立して、周りに聞…

  8. ルールをつくる側になるために必要なこと

    (2018.8.3更新)前回、ルールをつくる(=ケモノ道をつくる)側になるのか?ルールに従うだけ…

最近の記事

PAGE TOP