menu

仕組みづくりは大変だけど、「自分」を作り上げていく

独立以来、とにかく目の前の仕事を頑張ることに集中してきましたが、
先月あたりから、自分の時間を積極的に取るようにしています。

セミナーに参加したり、コンサルティングを受けたりしていますが、
その他では、「仕組みづくり」を少しずつ行っています。
ただ、これが大変なんです。。

 

仕組みづくりとは?

その前に仕組みとは何でしょうか?
goo辞書で調べてみると、3つほどの意味が出てきます。

1 物事の組み立て。構造。機構。「複雑な―の機械」「政治の―」
2 事をうまく運ぶために工夫された計画。くわだて。「うまく買わせる―になっている」
3 芝居・小説などで、内容・配置などの工夫。趣向。

私にとっての仕組みとは、

  • 将来に渡って効果をもたらすもの
  • 時間を節約してくれるもの
  • 自分の活動の効果を最大化してくれるもの

などと言えそうです。

例えば、「意思決定の基準」を言語化して持っておくことです。
独立すると、この仕事を取りに行くかどうか?迷うことがあります。
金額をいくらに設定するのか?も迷うところです。
そんな大きなことではなくても、「今日はグリーン車に乗るか?」という千円未満の投資にも迷うことがあります。

しかし、その都度、ゼロから迷っていたら時間がいくらあっても足りません。
過去に迷ったことは、記録に残しておき、次に同じことに出会った際には、即決できるようにしておきたいものです。

 

目の前の仕事に集中するのは簡単

しかし、この仕組みづくりを始めてから、今までラクしていたことに気づきました。
目の前の仕事だけに集中するのは、ある意味、簡単なんです。
既にやることは決まっていますから、その範囲内で考えれば良いのですから。

一方で、仕組みづくりは果てしないです。
そもそも、何を仕組みにするか?するべきか?というところから始まります。

上述したような判断基準。
マーケティング施策としてのブログやメルマガ、あるいはFacebookなど。
あるいはコンテンツを作ることも仕組みの1つと言えます。

仕組みにしたいことは多々あれど、こればかりやっていたら、食べていくことができません。
今日・明日の収益は生まないけれども、中長期に効果を発揮していくものです。
時間管理のマトリクスで言えば、典型的な第2領域です。

 

仕組みが自分のポジションを作り上げていく

だから意識的に時間をとって、仕組みを作っていくことが他者との差を作っていくことになります。

このブログは、毎日更新が1,500日を超えました。
もっと長い期間、続けられている方がいらっしゃるので、大きな顔は全くできません。
それでも、これから始める方と比べれば、既に1,500日のアドバンテージがあります。

他のことも同じです。
判断基準が明確になればなるほど、私の価値観は相手に伝わりやすくなります。

そうやって自分のポジションを作り上げていけるのかな?と思います。
大企業のように大層な仕組みは不要です。
一人、あるいは少人数でビジネスをしている身として、ミルフィーユを重ねるがごとく、仕組みを積み重ねて、自分なりのポジションを築いていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
横浜マラソン後、疲労抜きのためにも、トライアスロンのトレーニングに
シフトするためにも、早くプールに行きたかったのですが、
なかなか行けず。。
マッサージだけは行ってきました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

なぜドラッカーを学ぶと価格を上げられるのか?

毎日更新ブログ、1,500日の軌跡

関連記事

  1. 機嫌の悪い上司は、インフルエンザより迷惑だ

    「己の欲せざる所は人に施す勿(なか)れ」と孔子は言いました。多くの日本人が幼い頃に習う考え方でし…

  2. ITエンジニアが経営に関わるメリット

    最近、「コンサルティング」と「エンジニアリング」の相性について考えています。以前にこんな記事を書…

  3. 社長はどこまで学ぶべきか

    『V字回復の経営』などで有名な三枝匡さんが、とある場所で「日本の社長は不勉強すぎる」と漏らしていたそ…

  4. 時間でしか部下を管理できないなんて、自ら無能を晒しているのだ

    「残業100時間」のニュースが議論を生んでいますね。この議論自体は次に進むための大事なステップだ…

  5. ポジティブシンキングに潜むリスク

    どんな出来事ができても、それをポジティブに捉えて前に進んでいくポジティブシンキング。これによって…

  6. テクノロジーを軽視する経営に明日はない

    日本のCEOは「デジタルやテクノロジーに関する能力」が著しく低い、という調査結果が出ています。(…

  7. 「私には○○しかない」は弱みではなく、圧倒的な強み

    「私には○○しかないんです」今日、一緒に居た方が発した言葉。その方にとっては、「私は、た…

  8. 古い会社ほど、自分たちが古いことに気づかない

    世の中、色んなところで二極分化が進んでいると言われています。貧富の差、スキルの差、健康の差など、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP