menu

「資格取得」と「勉強」という最悪の趣味

いきなりですが、私は中小企業診断士の受験で失敗しました。
資格取得自体は、2回(2年)の受験でできましたので、ほぼ狙い通りでしたが、
他の部分で大失敗していたのです。

<スポンサードリンク>



夫にやめてほしい趣味

もう何年も前のことで、出典が分からなくなってしまったのですが、
夫にやめてほしいことランキング、堂々の1位に「資格取得」が挙げられていました。

それをはじめて見たとき、私は中小企業診断士の受験が終わった直後でした。
「何で?夫は家族を幸せにしようと努力しているのに」と疑問に思ってしまったのですが、
その記事を読んで、納得するとともに、自分が大失敗していたことに気づいたのでした。

男は数年後の家族の幸せを考えがち。
資格取得は将来に対する投資なのだから、
今、家族との時間が多少、犠牲になるのは仕方ない、と考えています。

一方、女性はそんなことよりも、今週末をどう楽しく過ごせるかが大事。
そんな大事な週末を、「将来のため」とかフワっとした理由でつぶす夫が信じられない。
子どもが小さいとき(新婚のとき、などバリエーションは色々)は、今しかないのに。

そんな妻の気持ちを考えもせず、合格を最優先して生活していた私の2年間。

<スポンサードリンク>



期限とリターンがなければ、ただの趣味

男にとって、資格取得は投資活動(のつもり)です。
しかし、それは期限とリターンがあってのことです。
受験生時代の私を含めて、これらを定義していない人が多いと感じています。

期限もリターンも定めず、勉強したいから勉強しているのだとすれば、それはただの趣味です。
家庭を犠牲にしてまで続けることではないでしょう。
(これは合格後の勉強会/研究会への参加についても同じだと思います)

明確なリターンは、資格を取得してみないと分からないことも多いでしょう。
それでも、仮決定でも良いので、それを妻に見せて、
単なる趣味ではなく、投資活動であることを説明した方が良かった、と後悔しています。

  • 資格取得で会社から支給される報奨金でも
  • 複業をすることによって得られる収入でも
  • 独立することによって家族と一緒に過ごせる時間でも

何でも良いでしょう。
仮決定して、奥さんには納得してもらい、自分はそれに向かってまい進することが大事なのです。

一方、期限に関しては明確に設定できます。
2016年度の試験を最後にする!などです。

その期限を奥さんと共有して、全力で試験に向かった上で、
万が一、良い結果が得られなかったら、そのときに次の道をもう一度、
(奥さんと一緒に)検討するのです。

投資であれば、損切りを決断するタイミングも必要です。
これまでに投下した金銭的・時間的コストをもったいないと感じるかもしれませんが、
埋没コストを救うことばかり考えていたら、いつまでも次の道に進めません。

 

中小企業診断士を目指す目的は

このように考えると、なぜ中小企業診断士を目指すのか?という根本に戻ってきます。
中小企業診断士は、税理士や社労士のように独占業務のある資格ではありません。

ほぼ全ての仕事が、資格を取らなくてもできてしまいます。
私の例で言えば、中小企業診断士だから得られている仕事は、
売上ベースで見ると、せいぜい2割です。
逆に言えば、8割の仕事は診断士として活動していません。

この2割に中小企業診断士の受験生支援など、特殊な仕事が含まれていますので、
実際にはもっと低く見ても良いでしょう。

独立なら、診断士でなくてもできます。
経営コンサルティングも、診断士でなくともできます。
向上心の高い仲間を得ることも、診断士でなくともできます。

では、あなたはなぜ中小企業診断士を取得したいのですか?
奥さんに応援してもらって勉強するためには、
それをあなた自身と、奥さんが、心底納得する必要があるでしょう。

<スポンサードリンク>



(2018年9月2日更新)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
こんな記事を書いて、自分自身、診断士であることの意味を
改めて自問しています。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

中小企業診断士受験:時間を一気に省略する方法

独立・起業したら事業収入を妻に教えるか?

関連記事

  1. 初対面で診断士という資格が与えてくれるもの

    おはようございます。渋屋です。昨日(診断士協会は頼るものではなく、活用するもの)に引き続き、…

  2. お金の話は明るく楽しく!

    おはようございます。渋屋です。昨日は天気が悪く、寒い1日でしたね。私はテレワークの1日でした…

  3. なぜドラッカーを学ぶと価格を上げられるのか?

    4月13日に行うドラッカー読書勉強会ですが、残席3名となりました。早期割引は、今週18日(金)ま…

  4. 診断士がセルフメディアを始めるためのプラットフォーム

    こんばんは、渋屋です。今日は終日、テレワークでした。ワークといっても、たまにメール対応をした…

  5. ITに疎い中小企業診断士には、厳しい世の中になります

    私はこれから、IT(情報システム)に疎い診断士にとっては、つらい世の中になっていくと考えています。…

  6. 試験に合格した自信は、パラダイムの制約になる

    昨日はブログセミナーにてお話しをさせていただきました。同じテーマを掲げて、複数の人が話をするとい…

  7. フリーランスとは総合格闘家である

    久しぶりに年末にテレビで格闘技をやっていました。旅行中だったのでビデオに録画し、昨日から観ていま…

  8. 診断士のセルフメディアはメルマガか?ブログか?

    こんばんは、渋屋です。「診断士のタマゴ」(実践編)の続きです。引き続きセルフメディアについて考え…

最近の記事

PAGE TOP