menu

そろそろ中小企業診断士の働き方も変わるべきだと思う

マラソンをはじめるキッカケを下さり、
トライアスロンに導いてくださり、
さらには、私が独立するのに影響を与えてくださった井ノ上さん

その井ノ上さんが、新たに本を出されました。

従来の文化にとらわれない、新しい働き方

税理士の業界では、事務所を作って社員を雇い、規模を大きくしていくのが常套手段なようです。
しかし、そんな常識に対し、「ひとり税理士」という新しい働き方を提案する井ノ上さん。
どっちが良い悪いではないと説いていますが、私は「ひとり税理士」の働き方に興味があって、本書を手に取りました。

本書は以下のような構成です。

  • 心構え
  • 仕事のつくり方
  • お客様にどう対応すべきか
  • 時間の使い方
  • 心と体のマネジメント
  • スキルマネジメント
  • 独立を後押しするナインストーリー

本書を通じて一貫して感じたのは、「おかしい」と思ったことを放置しないこと。
業界の慣習だから、というようなことだけで鵜呑みにしてはいけない、ということです。

ひとりで働いていたら、資源(時間・お金)は有限ですし、
自分と合わないお客様が来てしまったときには、他人に任せることもできません。
だからこそ、おかしなことを放置せず、常に向き合うことで、問題を解決されてきた姿が見て取れます。

私自身、まだまだここまで考え抜いていないです。
だからこそ、本書には多くの問題提起をしていただいたと感じています。

 

中小企業診断士の働き方も見直したい

また、本書を読んで感じたことは、税理士に限らず、中小企業診断士も働き方を変えたほうが良いのでは?ということです。
私が気になる中小企業診断士の働き方は、以下のようなものです。

  • 独立しているにも関わらず、平日9~17時の働き方にこだわる(会社員時代の文化から離れられない)
  • その割には深夜や土日も働いてみたり(それじゃ独立した方がキツイだけ)
  • 補助金など、行政に振りまわされるビジネスをコアにしている
  • やたら中小企業診断士とばかり一緒にいる(他の士業、専門家と一緒にならない)
  • なぜかしっかりとスーツを着ている人が多い(カジュアルでも良いのでは?と)
  • 情報発信をしている人が少ない
  • 経営コンサルのはずなのに、自分自身のビジネスが上手く行っていない

私は、診断士のこのような働き方に疑問を感じています。
独立したのであれば、もっと自分の意思で働きたいですし、周りに振りまわされたくありません。
本書を読んで、このような画一的な診断士業界にも、新しい風を吹かせたくなりました。

診断士という枠に収まるのではなく、自分自身の望む働き方をもっと追求していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今朝は早朝からご近所さんのパパと妻と3人で12kmほどランニング。
終わり次第、そのまま葉山の一色海岸で、海スイムのトレーニング。
まだ足が万全ではないらしく、スイムの途中から膝が痛く。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

「情報」を組織に循環させるためにやること

受験勉強から何を学ぶか?

関連記事

  1. 取った後に悩む資格 #505

    こんばんは。渋屋です。昨日は、セミナー講師を育成するセミナー講師総合研究…

  2. 起業する人に必要なマインド

    おはようございます。渋屋です。昨日の引き続き、通勤講座 診断士の会「実例…

  3. 売り方以前の商品・サービスづくり

    今日は中小企業診断士2次筆記試験の結果発表でした。6年前の今頃、勤めていたオフィスでガッツポーズ…

  4. 診断士になったのは、誰のためですか?

    こんばんは、渋屋です。今日は中小企業診断士に必要なマインドを書きたいと思います。&nbs…

  5. 【感想】すっきり!わかりやすい!文章が書ける

    こんばんは、duckです。桜がキレイに咲いています帰宅時は酔っ払いがたくさん居ました新入社員らしいサ…

  6. プロフィールに書くべきことと、その狙い

    こんにちは、渋屋です。昨日でブログ更新連続1,000日を達成しました(ブログを1,000日続けて…

  7. 人を応援する仕事で、自分が元気になる

    もう1ヶ月も前のことです。私の前に、悩んでいる女性経営者がいらっしゃいました。&nbsp…

  8. 『嫌われる勇気』が売れたのに、果たして幸せな人は増えたのか?

    日々、本を読んでいて思うことがあります。こんなに多くの人が本を読んでいるにも関わらず、なぜ人…

最近の記事

PAGE TOP