menu

そろそろ中小企業診断士の働き方も変わるべきだと思う

マラソンをはじめるキッカケを下さり、
トライアスロンに導いてくださり、
さらには、私が独立するのに影響を与えてくださった井ノ上さん

その井ノ上さんが、新たに本を出されました。

従来の文化にとらわれない、新しい働き方

税理士の業界では、事務所を作って社員を雇い、規模を大きくしていくのが常套手段なようです。
しかし、そんな常識に対し、「ひとり税理士」という新しい働き方を提案する井ノ上さん。
どっちが良い悪いではないと説いていますが、私は「ひとり税理士」の働き方に興味があって、本書を手に取りました。

本書は以下のような構成です。

  • 心構え
  • 仕事のつくり方
  • お客様にどう対応すべきか
  • 時間の使い方
  • 心と体のマネジメント
  • スキルマネジメント
  • 独立を後押しするナインストーリー

本書を通じて一貫して感じたのは、「おかしい」と思ったことを放置しないこと。
業界の慣習だから、というようなことだけで鵜呑みにしてはいけない、ということです。

ひとりで働いていたら、資源(時間・お金)は有限ですし、
自分と合わないお客様が来てしまったときには、他人に任せることもできません。
だからこそ、おかしなことを放置せず、常に向き合うことで、問題を解決されてきた姿が見て取れます。

私自身、まだまだここまで考え抜いていないです。
だからこそ、本書には多くの問題提起をしていただいたと感じています。

 

中小企業診断士の働き方も見直したい

また、本書を読んで感じたことは、税理士に限らず、中小企業診断士も働き方を変えたほうが良いのでは?ということです。
私が気になる中小企業診断士の働き方は、以下のようなものです。

  • 独立しているにも関わらず、平日9~17時の働き方にこだわる(会社員時代の文化から離れられない)
  • その割には深夜や土日も働いてみたり(それじゃ独立した方がキツイだけ)
  • 補助金など、行政に振りまわされるビジネスをコアにしている
  • やたら中小企業診断士とばかり一緒にいる(他の士業、専門家と一緒にならない)
  • なぜかしっかりとスーツを着ている人が多い(カジュアルでも良いのでは?と)
  • 情報発信をしている人が少ない
  • 経営コンサルのはずなのに、自分自身のビジネスが上手く行っていない

私は、診断士のこのような働き方に疑問を感じています。
独立したのであれば、もっと自分の意思で働きたいですし、周りに振りまわされたくありません。
本書を読んで、このような画一的な診断士業界にも、新しい風を吹かせたくなりました。

診断士という枠に収まるのではなく、自分自身の望む働き方をもっと追求していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今朝は早朝からご近所さんのパパと妻と3人で12kmほどランニング。
終わり次第、そのまま葉山の一色海岸で、海スイムのトレーニング。
まだ足が万全ではないらしく、スイムの途中から膝が痛く。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

「情報」を組織に循環させるためにやること

受験勉強から何を学ぶか?

関連記事

  1. 【感想】 パーソナル・マーケティング #98

    こんばんは、duckです。ゴールデンウィークに参加した3日間セミナー以降、どうやって渦を巻く…

  2. 「聴くこと」を最重視しています

    ある顧客の経営支援に入ってから、早5ヶ月程度が経ちました。その仕事は商工会議所から依頼を受けたも…

  3. 独立した中小企業診断士の仕事が分かりにくい理由

    会社を辞めるとき、「取った資格(=中小企業診断士)で働くんですか?」と良く聞かれました。その場で…

  4. セミナー講師で最初の一歩を踏み出す本 #694

    こんばんは。渋屋です。今日はセミナー講師を目指す方のために、書籍の紹介で…

  5. 診断士として自分が何者なのか?をハッキリさせる

    こんにちは、渋屋です。今日は銭湯の未来を創るWEBマガジン「SAVE THE 銭湯」を運営する、…

  6. 中小企業診断士の独立は、何歳がベストなのか?

    中小企業診断士として独立するのに、最適な年齢はあるのでしょうか?年齢は、社長…

  7. 管理会計 #456

    おはようございます。渋屋です。5日振りに息子が帰ってきました。家の中に活気が戻ってきて、…

  8. 顧客の重要性はどの位?

    こんばんは、渋屋です。昨日の記事(診断士になったのは、誰のためですか?)では、診断士にとって…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP