ランニング・トライアスロン

場を作る楽しさ

おはようございます。渋屋です。
昨日は、毎月参加している「よこはま月例マラソン」でした。

この月例マラソン。家族3人で最初に参加してから、もう2年以上、経ちました。
ランニングの話をするうちに、近所の家族(同じくパパ、ママ、息子さん)が
参加し始めて合計6人に。

昨日は、さらにもう1家族(さらに同じくパパ、ママ、息子さん)が参加。
ただ、パパは大事なサッカーの試合があるとのことで欠席。
合計8名、3家族で楽しいランニング大会となりました。

3月末には、この3家族9名に、助っ人参加のお友達1名を足して、
合計10名で、リレーマラソンに参加します。
「大人チーム」対「子どもチーム」のガチ対決です!
(大人6名、子ども4名なので、私が子どもチームに入ることに。
一番、子どもっぽいからかもしれません。。)

 

何かを一緒に始める場を作る楽しさ

こうやって、少しずつ「輪」が広がっていくことに、楽しみを覚えています。
最初は「マラソンなんてあり得ない!」と言っていたママ達
(私の妻を除く、笑)が、今では楽しそうに走っています。

同じ目的で一緒に活動するだけでも楽しいのですが、
みんなが成長していくのが、とにかく楽しいのです。

当たり前ですが、子どもの成長はすさまじいです。
私の息子で言えば、最初は3km走るのに、21分以上かかっていました。
それが、昨日はついに15分の壁を破りました。
5歳から7歳になっているので、当然なのですが、
分かっていても驚いてしまいます。

さらに、大人たちも、子どもに負けじと、ジワジワと(笑)成長していくのです。
既に私の妻以外、ママ達は子どもに勝てなくなりましたが、
それでも少しずつ自分のタイムを縮めてきています。

そんなことを繰り返し、お互いにアドバイスしたり、切磋琢磨したり、
レース後に、一緒にお風呂行ったり、ビール飲んだりしたり。
とにかく楽しい場になってきました。

 

改めて感じる、場のチカラ

私が所属するランチームAdmiralも、同じように楽しい場です。
ランニングの楽しさを教えて頂きながら、少しずつ成長してきました。

一緒に皇居ランしたり、山手線一周ランしたり(笑)、
アドバイスを頂きながら、お互いに切磋琢磨して、レースに出て。
一緒に風呂に入り、肉を食い、と。

きっと、このチームAdmiralに入っていなければ、
今も3年ほど前と同様、たまに近所をランニングしていただけでしょう。
当時の私からすると、フルマラソンを完走した今の私など、
想像もできません。

ランだけでなく、他にも様々な場に入ることで、
楽しみ、学び、成長することができました。
今更ながら、場のチカラには、驚くばかりです。

 

場をつくります

そんなわけで、 これからの仕事も、場づくりに大きく関わっていきます。
詳細は、今後、このブログでもお伝えしていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

先月の勝田マラソンで発生した、脚の付け根の痛みが再発してしまいました。
このところ、慣れないバイクを始め、転んだりしているためか、
あちらこちらを故障しています。。
この山場を早く乗り越えたいものです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!