menu

『フリーランスのための一生仕事に困らない本』 著者セミナーに参加してきました

こんにちは、渋屋です。
昨日は公私ともども、お世話になりまくっている井ノ上さんのセミナーに参加してきました。
「税理士」「Excel」「ブログ」「IT」「トライアスロン」など、様々な強みをお持ちの方です。
独立されて8年目ということで、フリーランスの大先輩です。
この話を聴かないわけにはいかず、ノーポチで申し込みました。

今回のセミナーは年末に出版された、
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』に関するものです。

井ノ上さんの仕事観、生き方から、実際のノウハウまで、ギュッと詰まった1冊で、
フリーランスに限らず、週末起業、小さな企業の経営者、
あるいは普通の会社員にもオススメしたい本です。

本ブログでこの本をご紹介した記事はこちら(オススメ!『フリーランスのための一生仕事に困らない本』)です。

 

なお、昨日のセミナーの内容は、こちらにも書かれています。

 

フリーランスだからこそ、世界観を大きく

冒頭、井ノ上さんより、「どんな世の中にしたいか?」というお話がありました。
井ノ上さんは税理士さんですが、いわゆる「丸投げ」には対応されていないそうです。
丸投げは、レシートなどを全部渡してもらって、記帳・経理・確定申告などの作業を代行するものです。

経営者にとって、丸投げすることは、その瞬間は楽チンなのですが、税務あるいはお金のことを全く分からないものとしてしまいます。
果たしてそれが税理士の目指す世界なのか?と。
井ノ上さんの場合、そうではなく、しっかり教えて経営者がお金や税金に困らない世界を目指されています。

この考え方が正しい・正しくないは置いておき、自分がどのような世界を目指すのか?を非常に広く考えられていることが伝わってきました。

inoue

では私自身は?

残念ながら、井ノ上さんのような具体的な世界観を持てていないことに気付きました。
「大きく考え」るブログなのに、、、
起業する前に、気付かせて頂いたことに、本当に感謝です。

ちなみに、フリーランス、特にコーチや士業など、自分の身体でサービスを提供している人こそ、
このような世界観が大切だと感じました。
自分の身体が動ける範囲が収入の上限ですから、フリーランスは不安定な立場です。

そのような不安定な立場だからこそ、
どの仕事を受けるのか、どの仕事を断るのか?の基準作りが必要です。
(身体が1つなので、全部の仕事を受けることはできません。)
そのようなとき、この世界観が大切な拠りどころになるはずです。

他にも書籍に書かれている内容を、より掘り下げて頂きました。
おかげさまで、本の内容を今までより深く理解することができました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は仕事後にバイク(自転車)屋さんに行って、分解・組立てのやり方や、
パンク修理の方法を習ってきます。
明後日、フルマラソンなのですが、トライアスロンの方に気が向いてしまい、
ほとんどランニングのトレーニングができていません。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

中小企業診断士、合格に確実に近付く勉強法(その2)

あれ?全然、走れないじゃん。。。恐るべき環境の効果。

関連記事

  1. 【独立のリアル】独立するときに事務所は必要ですか?

    独立について尋ねられるときに良くある質問です。「事務所はどうしていますか?」私自身は現在…

  2. 初対面で診断士という資格が与えてくれるもの

    おはようございます。渋屋です。昨日(診断士協会は頼るものではなく、活用するもの)に引き続き、…

  3. 99%の見えないことで勝負が決まっている

    士業だからなのか、こういう商売をしているからなのか、理由は分かりませんが、士業向けの広告が実によ…

  4. 1円の重みに違いを感じた瞬間

    これまでの人生を振り返ると、同じお金をもらうにしても、印象に残っている瞬間があります。そのと…

  5. 顧客の一挙手一投足に注目する

    昨日、顧客の期待値を超えているか?自戒を込めて書きました。■実際、あらゆる事…

  6. マーケティングでは、顧客との距離を大事にしたい

    何度かこのブログで書いていますが、私が3月末で会社を辞め、フリーランスとして独立します。今回…

  7. この内容で、、安過ぎです

    凄まじく濃い内容が、薄い一冊に、ギュッと詰まりました。プレジデント別冊 時間半分…

  8. 5年後の私は、公的機関での業務をやっていないでしょう

    「5年後の私は、公的機関では仕事をしていないだろうな」ある日、ふと思いました。本能で感じたこ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP