IT・システム関連

IT屋がハマりやすい罠

こんばんは、渋屋です。

 

今日はビジネスの基本についてです。

私を含めたIT屋さんは、その基本をついウッカリと忘れがちです。

 

■基本は顧客

ビジネスの基本そのものは、非常にシンプルです。

顧客が困りごとを、解決することです。

 

おなかがすいていれば、食事を与えることが解決になりますし、

車が壊れて動かないのを、直してあげることも解決になります。

 

顧客が誰で?

困り事は何か?

困った顧客に、どう自分を発見してもらい、

どうやって、それを解決するのか?

 

答えるべき質問は、非常にシンプルです。

でも、だからこそ奥が深く、難しいとも言えるでしょう。

(私は、毎日のように悩んでいます。)

 

■IT屋がハマる、テクノロジーの罠

本来は、ビジネスの基本を踏まえて、顧客の困り事から、事業戦略を立てるべきです。

 

事業戦略を考えているときの、テクノロジーの位置付けは、

顧客の困り事を、「どのように解決するか?」の部分です。

新技術によって、今までより早く・安く・簡単に、困り事を解決することが出来るようになるでしょう。

 

見方を変えると、顧客の困り事が見えていない状態で、テクノロジーの話をし続けても仕方ありません。

ついつい、私たちはそれを忘れてしまい、変化の激しいテクノロジーに、眼を奪われてしまいます。

 

新しいテクノロジーは面白い!

IT業界に属するくらいなので、何かしら新しいモノが好きな人が多いでしょう。

技術について語りあっているうちに、自分達が何をやっていたのか?だんだん分からなくなってくる。

そんな経験をしたことが、何度もあります。

 

でも、やはり大切なのは、顧客の困り事を定義すること。

日々、顧客の困り事を探している人が、新しいテクノロジーを見たときに、「これだっ!!」となるのでしょう。

 

テクノロジーは手段。

それを忘れないようにしたいですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

やりたいこと、やるべきことが多くて、どうも混乱気味です。

アタマを整理するのは当然ながら、To Do管理のより良い方法を見つけたいです。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!