menu

日本のIT戦略とオープンデータ

■国家の IT 戦略

『世界最先端 IT 国家創造宣言』をご存知でしょうか?

ずいぶん大層な名前の宣言です。

 

2001年に 「5年以内に世界最先端のIT国家になる」 という目的で策定された 『e-Japan 戦略』 というものがありました。

『e-Japan』という響きを、なんとなく覚えていらっしゃる方もいることでしょう。

しかし、皆様も感覚的にお分かりのように、2006年時点で、日本は世界最先端IT国家になることは出来ませんでした。

 

この反省を活かし、昨年6月に策定されたのが 『世界最先端 IT 国家創造宣言』 です。

現在の日本国における、IT 戦略そのものと言って良いでしょう。

その内容はこちらで読むことができます。

 

■注目されるオープンデータ

色々な施策が書かれている 『世界最先端 IT 国家創造宣言』 ですが、

そのなかで私が注目したいのは、「オープンデータ」です。

 

世の中には、もっと情報が公開されれば、改善をしたり、新たなイノベーションを生めるものが数多くあります。

 

例えば、このサイト 「税金はどこへ行った?

私たちの税金が、どのように利用されているのか?を多くの自治体(現在119)がオープンにしています。

 

私の住む横浜市では、この図のような割合で税金が使われているようです。

 

yokohama_tax

 

健康福祉への用途が6割を超えています。

他の自治体との比較、過去と現在の比較、人口動態や病院の数との相関関係を整理するなどすれば、現在の状態が良いのか?悪いのか?などが判断できるでしょう。

良い点が分かれば、他の自治体はそれに習うことができますし、悪い点が分かれば具体的な改善点も見つかります。

 

1つだけ例を挙げてみましたが、オープンデータに関連するビジネスは急速に立ち上がっていくでしょう。

多くのデータを取り扱う技術も、成熟してきますので。

 

オープンデータは既に世界的な動きであり、日本の国家戦略の1つでもあります。

このチャンスを活かす起業家達を、ぜひ応援したいですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日は、中小企業診断士の試験勉強を共に行った仲間達と会食。

楽しい時間を過ごしました。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

創刊号:システムインテグレーションビジネスの終焉?

オープンデータ時代のインターネット

関連記事

  1. システムを入れたまま活用できない残念な事例は、なぜ起きるのか?

    大きな予算をかけてシステムを導入したものの、成果を上げられず失敗していく例を何度も見てきました。…

  2. インダストリー4.0とスマート・ファクトリー(工場)

    「インダストリー4.0」最近、良く聴く言葉です。これが何を表すのか?日本の製造業復権が期待さ…

  3. 専門家以外がITスキルを身につけるためには?

    このところ、ITの専門家ではない方がITスキルを向上したい、という要望を良く聞きます。&nb…

  4. 士業のホームページに必要なのは、デザインではない

    小さな会社のホームページについて、設置(開設)するときと運用する上での注意点を書いてきました。…

  5. 自宅(事務所)に必要なのは、プリンタよりスキャナ

    以前、自宅(事務所)にプリンタは不要かもしれない、という記事を書きました。…

  6. Facebookの投稿範囲を設定する方法

    こんにちは、渋屋です。今日は普段のオフィスとは違うところに来ています。…

  7. 「IT脳」を鍛えるには、使って体験することが一番の近道

    IT関係の仕事に就いているかどうかに関わらず、全てのビジネスパーソンに「IT脳」が必要になってき…

  8. 診断士のブログにWordPressをオススメする理由

    こんにちは、渋屋です。久しぶりに「診断士のタマゴ」シリーズです。過去の記事で、診断士はセ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP