menu

ランニングの位置づけを遠くから見つめ直す

こんばんは。渋屋です。

 

1月も末日になりました。

今週は一度も走れなかったので、予定を下回りましたが、それでも約195kmを、およそ22時間かけて走ることができました。

ランニングした回数・距離・時間の全てが、月間では過去最大となりました。

 

この数字を見て、「ちょっと待てよ」と思ったので、記事にしてみました。

 

■何のためのランニングか

今週は、お腹の調子が悪かったのと、やることが多かったことがあり、平日は1度も走ることができませんでした。

ただ結果として、私が以前から望んでいる起業に向けた活動が、一歩二歩と進捗したのです。

 

上述の通り、1月だけでランニングを22時間しています。

実際には、着替えたり、ストレッチ・スイッチ(体幹トレーニング)の時間もあるので、30時間程度は使っていることでしょう。

 

3月のフルマラソンで結果を出すために、夢中で、楽しく取り組んでいることではありますが、

 

「人生の目的を見失っているかもしれない」

 

と思ってしまいました。

 

やることは全く同じだとしても、常に自分の人生・生活全体の視点を持ちながら、ランニングを楽しんでいく必要があります。

同じ22時間を投資するにしても、他の時間の使い方とバランスが取れていれば良いのです。

 

今月は、結果だけ見ると、ランニングに偏り過ぎてしまいました。

今の私には、これだけランニングに投下してしまうと、他のやりたいことへ割り当てる時間が残りません。バランスが取れていないのです。 

 

■前からコーチに言われていた

実は、同じようなことをコーチから言われていました。

過去に、ランニングに夢中になり過ぎて、仕事だったり、家庭だったりがいい加減になってしまったメンバーが居たそうです。

「同じような過ちはしないでくださいね」、と。

 

私の場合は、一般の会社員と比べて、起業準備などの外部活動もしていますので、可処分時間はより少なくなります。

コーチからの言葉を、常に意識し続ける必要があります。

 

■ただ、目標は変えません

全体を見渡す必要性は感じたものの、ランニングの目標自体は変えません。

3月に参加するフルマラソンでサブフォー(4時間以内で完走)です。

 

練習に割ける時間は減るかもしれませんが、より効率の高い練習の仕方を模索したいと思っています。

 

それをやり遂げることで、時間やタスクの管理方法も上達すると思うからです。

さ、ランニングだけでなく、人生全体を楽しもう!

 

■終わりに
今日はこれから、クラウドソーシングに関するセミナー実施です。

一般公募のセミナー開催は昨年の10月以来ですから、楽しみです。

 

【昨日のトレーニング】

・体幹トレーニング・・・スイッチレベル1.5

・ストレッチ・・・○

・RUN・・・0km

う~ん、走りたいのに走れない。。(今日のネタに反するかもしれませんが(^^; )

次回、フルマラソン(古河)まで、あと45日。

 

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

その夢は誰の夢か?サムライインキュベート榊原さんのセミナーより

クラウドソーシングセミナー実施しました

関連記事

  1. 夫婦ランニングでコミュニケーション

    昨日は早朝3:55に起き、今朝は4:50に起きて、妻と早朝ランニングをしてきました。今月だけで4…

  2. フルマラソン、サブ4を達成するための年間練習プラン

    フルマラソンで、サブ4(4時間を切ってゴール)を達成するのは、多くのランナーにとっての憧れです。…

  3. うまくいっていないことには理由がある(下手すぎるバイクをどげんか…

    スイム・バイク・ランの3種目からなるトライアスロン。私はこの3種目のうち、バイクが圧倒的に苦手で…

  4. ランニングで仕事の生産性を上げよう

    仕事の生産性を上げるためには、何をすれば良いでしょうか? ミーティングの目的とゴールを決める…

  5. 「1万時間の法則」をどこに効かせるか?

    何かの分野において最低限プロを名乗るのであれば、その分野に1万時間を投下するのがスタート地点だ、…

  6. 徳之島トライアスロンは、とっても温かハード

    徳之島トライアスロンに参加してきました。いつもの参加記同様、日記調でお伝えします。&nb…

  7. 気持ちのチカラ #641

    おはようございます。渋屋です。■仲間の頑張りから感じたこと昨日、一緒に初…

  8. ストレッチの効果を最大化する黄金パターン

    2014年5月20日は、私にとって、ある意味で記念日です。あまりに身体のケアをしていなかったため…

最近の記事

PAGE TOP