menu

自分の理想の働き方 #502

こんにちは。渋屋です。

 

昨日は仕事後に走ろうと、最寄り駅のロッカーに着替えを入れていったのですが、

見事に失敗。。。

またしても仕事に追われてしまいました。

 

もっと視野を高くして、先んじて仕事を片付けていかねばなりません。

 

昨日の記事(名刺を2枚持つ働き方 #501)では、

 

・会社の外でも働き、2つ以上の顔を持っている人が増えている

・会社員として集中して働くにしても、この変化は知っておく必要がある

 

ことを書きました。今日はその続きです。

 

会社の外の人と繋がり、会社員・フリーランスなど多様な人が集まってプロジェクトを進めていく。

そんな変化が起きている中で、最も大切なことは、

 

自分なりの理想の働き方を持っている

 

ことだと思います。

 

私の場合で言えば、それは少しずつ変化してきています。

 

社会に出て、最初の会社に勤め始めた頃は、まずは仕事を覚えることが最優先でした。

技術職でしたので、技術を学ぶことはもちろん、仕事のやり方・進め方も覚えなければなりません。

それらを「学ぶ環境」が、当時の私にとっては、最も大切なことでした。

 

転職し、新しい職場になれた頃から数年間は、超・長時間労働が続きました。

月曜の朝に出社し、連続66時間働いて、水曜日の終電を逃したことがありました。

1週間の間に、オフィスから出られたのが2回というときもありました。

体力的には過酷な環境でしたが、大きなプロジェクトをやりきったときに得られる「達成感」、お客様や仲間との「一体感」が、何にも換えがたいものでした。

 

息子が産まれ、家庭第一の生活をしたいと望み始めた頃、

最優先事項は、「自分が仕事をコントロールできるか」に変わりました。

仕事に振り回される環境からの脱却と言えるでしょう。

(このチャレンジは、今なお続いていますが・・・)

 

中小企業診断士を取得し、社外の方との接点が増えました。

仕事の仕方にも、人それぞれの価値観があることを強く意識し始めたのは、この頃からです。

 

人それぞれ価値観は異なりますし、

その人の状態(独身・家庭・受験勉強中 etc)によっても価値観は異なります。

 

であるからこそ、今の自分にとっての理想の働き方を認識しておくことが大事なのでは、と思います。

 

おまけですが、会社経営者の立場から見れば、

今までのように画一的な働き方、万人向けの働き方を従業員に要求する時代は終わった、

ということでしょう。

 

人それぞれ、異なった理想があることを前提に、

多様な働き方を実現できる環境作りが、

従業員からは求められるようになります。

 

■終わりに

今日は仕事後、経営人倶楽部に参加予定です。

新たな知識を得て、新たな人脈ができるので、楽しみです。

 

今日も素晴らしい1日になりそうです。感謝!!

===
今日の記事が、ほんの少しでも「面白かった」「役に立った」「参考になった」等と感じましたら、1日1回、このボタンをポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

名刺を2枚持つ働き方 #501

はじめの一歩を決めないと #503

関連記事

  1. ブログ記事のバックアップ方法 #397

    こんにちは。渋屋です。私の自宅近辺は晴れ渡っていて、今日は温かくなりそうです。私は昨日に引き続き、ま…

  2. 何を売るかよりも、どう売るか? #465

    こんにちは。渋屋です。昨日は息子の友達含む3家族で、ディズニーシーに行ってきました。…

  3. セールスレターにおける仁義なき戦い

    このところ、様々な方の商品・サービス案内を拝見する機会があります。それを見るにつれ、セールスレタ…

  4. SNSもバックアップ #398

    こんにちは。渋屋です。少しずつ体力が回復してきました。今日は自宅でテレワークです。休憩をはさみつつ、…

  5. どこまで頑張ればいいの?頑張るって何?「残業のない職場を生みだす…

    「もう、これ以上、頑張れません」「どこまで頑張ればいいんですか?」今まで、様々な場面で聞…

  6. ちょっとした一言で顧客との関係を深める

    こんばんは、渋屋です。夏休み最終日。今日は朝イチからカフェに篭り、休み中に溜まったメール処理…

  7. 小学生サッカーから学ぶ組織論

    昨日は息子のサッカー試合で、応援に行ってきました。1試合、全後半合わせて30分なので、あっという…

  8. 組織こそルール破壊を #621

    こんばんは。渋屋です。昨日の記事(変化を呼び込むルール破壊 #620)を…

最近の記事

PAGE TOP