menu

時間管理とタスク管理の関係 #218

こんばんは、duckです。

息子の熱が再発してしまい、今日と明日は外出できなくなってしまいました。息子の大好きな空手教室もお預けで、残念です。家でゆっくりするしかないので、たまには息子とのんびりを楽しみたいです。


このところ、時間管理やタスク管理のやり方を変えようと、色々と模索しています。管理方法やツールを変えながら試行錯誤しているのですが、その前に、時間とタスクの関係をしっかり把握しておかないと、Try & Errorに必要以上の時間が掛かってしまいそうです。

まず、大前提として理解をしておかなければならないのは、時間は有限であること。逆にタスクは放っておくと無限に増えていくものなので、しっかりと制御しないと、有限な時間を食いつぶされてしまう、ということです。

となると、まず行うべきは、無駄なタスクを止めることです。自分のタスクリストに、やりたくない・やる必要もないものが入っていたら、即、捨てます。

やりたいことは、将来の「ありたい姿」に向けた第2象限に属しますが、自然に時間投下出来るように、何らかのシステム化や習慣化を行います。
例えば私は今、英会話に通っていますが、強制的に時間投下する仕組みの1つです。(まだ自分の意思だけで、なかなか英語トレーニングが続きません。。。)

タスクの中には、細切れ時間で出来るものもあれば、まとまった時間がないと厳しいものがあります。また、机に向かわないと出来ないものと、場所を選ばずにどこでも出来るものがあります。
このように、「象限」、「細切れ時間 or まとまった時間」、「場所特定 or 不特定」の分類をします。
例えばジョギングは、第2象限・まとまった時間・場所特定です。健康維持は重要ですが(今、健康なので)緊急ではありませんので第2象限。最低でも20~30分の時間は必要です。場所は着替えが出来たり、走れる場所を選ぶ必要があるからです。

1日あるいは1週間という単位で時間を見たとき、細切れ時間とまとまった時間があります。机に向かっている時間と、移動している時間があります。
このように時間も、「細切れ時間 or まとまった時間」、「場所安定 or 不安定」と分類をします。
例えば電車の通勤時間は、まとまった時間で、場所不安定です。

このようにタスクと時間の分類がしっかり出来ていれば、適切な時間に適切なタスクを割り当てることが出来るようになると思っています。

長々と書いてしまいましたが、まだまだシステムとして上手く機能していません。考え方か?やり方か?どこかに改善点がありそうです。
毎日、やりたいことはいくらでも出てきていますので、時間管理とタスク管理は(ゴールがあるものではないと認識しつつ)もう一段レベルアップしたいものです。

今日は家族でゆっくり過ごせました。明日もゆっくり過ごします。感謝!!

全員リーダー #217

変化するということ #219

関連記事

  1. 自分のフィーリングが一番大事 #435

    おはようございます。渋屋です。今日は人間関係の話です。私は長期間にわたって、仕事を通じた…

  2. 【私の履歴書】思った通りのキャリアにはならない(転職後:エンジニ…

    私のキャリアを「私の履歴書」的に振り返るシリーズ。ふと思いついて書き始めましたが、 キャ…

  3. やっと運動

    起床 7:15今日は、ようやく今年初の運動。約6kmのランニングと、少々の筋トレ。久しぶ…

  4. 考えるときと、感じるとき

    こんにちは、渋屋です。今日のW杯、日本は残念でしたね。私にしては…

  5. 新陳代謝を進める #250

    おはようございます。duckです。今朝は英会話に行きました。会社のそばで受けているので、休暇中ではあ…

  6. お礼をちゃんと伝える

    こんばんは。先日、タクシーに乗ったときのことです。お客さんである私が支払いを終えて、降りようとし…

  7. 頭が凝り固まる前に、若手と交流しよう

    今日は大阪。とある企業にて、若手社員150名以上を対象に、丸一日研修を行ってきました。そんな…

  8. 始めます、ロールモデルを探す旅

    こんばんは。診断士のコミュニティに混ざりつつ、多くの人との出会いが増えている今日この頃ですが・・・…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP