menu

1つのコミュニティに依存する危険性を把握していますか?

ますます、1つだけのコミュニティに属した働き方は、危険性が増していると感じています。

<スポンサードリンク>



勤務先に振り回される人生で良いのか?

電通も、スルガ銀行も、
真面目に働いていた人からすると、寝耳に水だったことでしょう。

ただ、今の時代、会社という1つのコミュニティに依存していることの、
リスクを把握しておくべき、とも言えます。

1週間の労働時間、約40時間全てを、たった1つの会社に投下する。
それは「手持ちのタマゴ全てを、同じカゴに入れるな!」という投資の大原則にも反しています。
あまりにもリスクが高すぎるのです。

1つの会社に依存してしまうから、何かあったときに断れないのです。

  • 突然、転勤を命じられる
    (一緒に住んでいる家族や、つきあい始めた彼女のことなど、会社は考えてくれません)
  • やりたくもない・価値を感じられない仕事を任される
  • 面倒くさいだけで、仕事のできない上司になる
  • 会社が不祥事を起こす・倒産してしまう

こういうとき、逃げ場がなくなってしまうのは、どうなんでしょう?
10年以上前ならまだしも、今は逃げ道を自分でつくっておく方法が、いくらでもあります。

 

所属するコミュニティを複数、レイヤー化させる

このリスクを回避するためには、所属するコミュニティを複数に分散することです。

副業して、収入をパラレルにしておけば、1つがつぶれても、他で多少はリカバリーができます。
ここでの副業には、物理的に働くこと以外に、投資(金融・不動産)なども含んでいます。
なかなか会社員の仕事と同じだけの収入を確保するのは難しいかもしれません。
ただ、「ゼロ」と「少しある」のは、全く違います。

ゼロからイチを生み出すのは、なかなか大変ですが、
既に少しあるものを育てて大きくするのは、ゼロ・イチに比べればやりやすいからです。

余談ですが、フリーランスにも同じことが言えます。
収入源を1つに絞ると、リスクしかありません。
最低3つ、できればそれ以上に、分散することが基本でしょう。

仮に副業で収入を得るのが難しかったら、
最低限、会社とは異なる人脈をつくっておくべきでしょう。
何かあったときに、会社以外の人に相談できるのは、精神的な安定をもたらしてくれます。

<スポンサードリンク>



自分は何者なのか?を定義する

会社以外のコミュニティに属する上で気にしたいのが、「自分は何者なのか?」。

会社名・部署名・役職しか言えないようでは、外の世界に出られません。

  • どんな悩みを解決できる人なのか?
  • 何を提供できる人なのか?
  • 何を目指している人なのか?

これらを伝えられなければ、会社の外に出ても、他者から覚えてもらえません。
3連休、じっくり時間をとって、自分が何者であるのか?を洗い出してみましょう。

意外と楽しい時間になるかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
以前から気になっていた、あるWeb教材を購入しました。
これもフリーランスとして、事業の幅を広げるため(リスク分散)です。
約8週間かけて、実践しつつ学びを深めます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立開業・起業するときに、リスクとどう向き合えば良いか?

Twitter(ツイッター)のメリットと、Facebook・Instagramとの違い

関連記事

  1. 出版に必要なこと #276

    おはようございます。duckです。昨日は息子の七五三でした。鎌倉の鶴岡八幡宮に参拝しました。その後、…

  2. 診断士に必要な外注(パートナー)を統括するチカラ

    こんにちは、渋屋です。昨日の記事(診断士のブログにWordPressをオススメする理由)では、…

  3. 「分かりにくさ」という参入障壁・ブルーオーシャン

    自社をアピールするには「分かりやすさ」が一般的に求められます。誰に向けて、どんなメッセージを…

  4. 本物フリーランスと、偽フリーランス

    独立し、「フリーランス」になってから、もうすぐ3ヶ月になろうとしています。色々と変化した3ヶ月で…

  5. 生涯現役であり続けたい

    「高齢者が75歳から」が話題になっています。直近の現・高齢者の年金をどうするんだ?的な課題は多々…

  6. 独立後「まだ始まってすらいなかった」という現実を見せつけられた

    独立して、ビジネスを少しずつ入れ替えたり、色々と苦労もしながら、このところ、ようやく少し安定感が…

  7. 資格の肩書きにとらわれていませんか?

    先週開催したセミナーに参加下さった中村さんが、ご自身のメルマガで感想を書いて下さいました。(中村さん…

  8. 誰の真似をしていますか?

    真似するモデルがないままに独立する人は稀でしょう。多くの方が、誰かしらのやり方・考え方を真似しな…

最近の記事

PAGE TOP