menu

売れないのには、ワケがある

LINEで送る
Pocket

残念な告白です。


残念ながら、私のコンサルティングの顧客全員が、
売上をアップさせたわけではありません。

これは純然たる事実ですし、私自身の実力不足で、
成果を出せなかったことについて、
本当に残念に思っています。

私が成果を出せなかった人の特徴を分析すると、
とにかく頑固なことが共通しています。

ただ、一見すると頑固ではないのです。


良く学んでいるし、
(私に限らず)人の話も良く聴いているのです。
ちょっと見ただけだと、むしろ柔軟に見えてしまうほど。

しかしその本当の姿は、やっぱり頑固。

人の話を聴いているようで、
実は自分にとって都合の良い話しか聴いていない。
あるいは、自分の良いように解釈しているのです。

こういう頑固な人が心の奥底で抱えている
「真の問題」にアプローチできなかったのが悔やまれます。

それがインサイトマップ・セッションのサービスを立ち上げた
理由でもあります。


私の実力不足を棚に上げて話を続けると、
売れないのには、やっぱり理由があります。

特にコンサルティングのような高い買い物をするとき、
人は本当に些細なことで、その動きを止めてしまいます。

・その人を知らないだけなのか?
・知ったけど、興味を持てなかったのか?
・興味を持ったけど、サービス内容が分からなかったのか?
・サービス内容は理解できたけど、価値を感じなかったのか?

このように顧客の購買プロセスで分解することもできますし、
それ以前に

・単に写真が気に入らなかった
・ブログの文章が、なんか自分に合わない
・セミナーの日時が、いつも都合の悪いとき

というような単純な理由のこともあります。


理由が何か?は顧客に聴いてみなければ分かりません。

でも間違いないのは、
「何も変えなければ売れないまま」という事実です。

頑固な人は、自分のやり方を変えようとしませんが、
売れるようになりたいのであれば、
工夫してみるしかありません。

自分の独り善がりの道を貫くのか、
あるいは顧客に必要とされる存在になるのか、

どちらが目指す方向なのでしょうか?

最近、自分のやり方がパターン化していると感じたので、
強く自戒を込めた記事でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
10月26日(木) マーケティング塾(第2回)

スイムトレーニングで学んだ「自然に逆らわず、一体化する」こと

もっと研修講師をやろうと思った理由

関連記事

  1. 企業に価値を伝える表現方法

    コンサルティングなどの企業を支援するサービスを企業に提示する場合、鉄板とも言える表現方法があ…

  2. 資格を外すと、ビジネスモデルが出来上がる

    自分がどんなビジネスをやりたいのか?独立・起業で最初にぶち当たる壁はここだそうです。しか…

  3. 価格に自分を合わせて成長させる

    このメルマガでは、自分で顧客を開拓することを提唱しています。他の誰かから仕事をもらうので…

  4. 顧客グループが生む雰囲気

    一昨日、仲間達と話していて「あるある!」と感じた話を。■数ヶ月前にあるセミナーに行っ…

  5. IT企業の支援者育成の場を作ります

    こちらの記事でも書いたのですが、IT企業を支援する仲間づくりを始めます。■…

  6. 仕事の新陳代謝を行なう

    あなたにとって、「理想の仕事」とは、どんな仕事でしょうか?■少なくとも私…

  7. 仕入れをやめてしまった八百屋の末路

    先日、街中を歩いていると昔ながらの八百屋さんがありました。■置いてある野菜や果物は、…

  8. 連休中をどう過ごすか?

    もうすぐ連休に入ります。(注:この記事はメルマガ配信後、1ヶ月後に再掲載しています)あなたは…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP