menu

感想 『実戦 B to Bマーケティング』

LINEで送る
Pocket

こんばんは、duckです。

今日は出張で大阪まで行ってきました。
やはりお客様との会話は、何度繰り返しても勉強になります

さて、今日は少し前に読み終えた、
売れたま先生(佐藤 義典さん)の著書の感想です。

事例でわかる!実戦BtoBマーケティング お客様に頼られる存在になるための戦略実行/佐藤 義典
¥1,680
Amazon.co.jp

本当に何度読んでも、マーケティングは売れたま先生です
他の人の本を読む気がなくなるくらい、理論が美しい上に実践的です。

世の中一般的なマーケティング関連の本は、
理論発展の歴史的な経緯からも、全ての読者に分かり易くするためにも、
B to Cについて書かれていることが多いと思います。

私もそうなのですが、B to Cについてばかり書かれていると、
B to Bの場合はどうなるんだと思うことがありました。

売れたま先生の本も例外では無かったのですが、
今回、そういう読者の声をキッチリ捉えて
B to Bを分かり易く説いてくれています。

売れたま先生の基本理論となるBASiCS他、
他の著書でも出てきている理論・ツールはそのままに、
BBCフローという、私には初見のツールが
これまた分かり易く解説されていました。

しかし、何よりも私が驚いたのは

B to CよりB to Bの方がマーケティングしやすい

ということ。

確かに言われてみれば、B to Bの方が、相手の会社・部署・個人まで
知ることが出来
ますし、最終的な顧客ベネフィットは儲けることなので、
ニーズも把握しやすいと。

ベネフィット=使い方×QCD×PL・BS

という最強の方程式付き。

売れたま先生の理論が、さらにパワーアップしたことを感じざるを得ない、
テンションの上がった本でした。

毎回書いてることですが、納得したなら実践しないと
頑張ります


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

何気ない一言からの気付き

ルーチン化の中に変化を

関連記事

  1. プレゼンの理論と実践 #121

    こんばんは、duckです。昨日のブログで書いたとおり、プレゼンスキルの向上は私にとって大切です。ただ…

  2. グループで本を読み、気づいたことを共有する効果

    昨晩、オープンイノベーションと題されたセミナーに参加してきました。この学び方は面白いと感じたので…

  3. 遊び通し #317

    こんばんは。duckです。昨晩は息子の保育園仲間の3家族でクリスマスパーティ。去年もやったプレゼント…

  4. 一発目 #284

    おはようございます。duckです。昨日はIT企業に属する診断士繋がり4名で、情報交換をしました。属し…

  5. 一般化するチカラ #523

    こんばんは。渋屋です。部署異動をして仕事が変わってから、早2年3ヶ月が経…

  6. 小さな自信 #150

    こんばんは、duckです。今年も半分が終わりました。会社は4月が年度初めなので、第1四半期が終わった…

  7. 新しいワークスタイル

    こんばんは。私は中小企業診断士試験が終わった後、今度は受験生を支援しつつ、一層自分自身も成長するた…

  8. その提案は相手の行動に繋がっているか?

    こんばんは、duckです。実務従事が続いています。実務補習は診断協会が、診断報告書のフォーマットなど…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP