menu

大企業に勤めた経験は宝

大企業を辞めて独立したとき、
「これでやっと自由になれる」と思ったものです。

  • 船頭多くしてなんちゃら・・(何も進まない)
  • 遅すぎる意思決定。
  • 他者(他部署)のせいにする文化。
  • 評価、昇進のための社内政治。

もう全てに嫌気がさしていました。

でも実は、こういう経験が今、
本当に役立っているのです。

数人、10数人くらいの組織でも、
上に挙げたような「大企業病」の気配がするときがあります。

そういうときに「あ、あのパターンだ」と
いち早く認識することができるのです。

正に反面教師(笑)。

気づくことができれば、回避しやすくなります。


それだけでなく「既にまわっている仕組み」を見ることにも
価値があります。

多くの人、色んな人が使っても業務がまわるということは、
ミスを発生させない、誤解を生まない、
標準化された仕組みがあるということです。

しかし、それをゼロから組み立てるのは大変なことです。
それはコンサルタントにとっても同様です。

でも、仮にコンサルタントが大企業で
既に動いている仕組みを見ていたとしたら。

成功イメージがあるので、
提案することも、実際にその提案を業務に組み込んでいくことも
できるでしょう。

私自身、情報共有の仕組みなど、過去に見たことのある例を元に、
提案をさせてもらったことが何度もあります。


中小企業の支援をビジネスにしようと決めたとき、

これまでの大企業の経験がどこまで使えるのか?
正直、不安でした。

でも今振り返ってみると、
良いことも悪いことも、役に立つことだらけです。

間違いなく宝物の経験でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

下請け・孫請け受託開発から脱却するには

ハセツネ30Kで露呈した自分の弱さ

関連記事

  1. 現場に埋もれることで得られること

    「コンサルタント」を毛嫌いする社長の主張は、「コンサルタントは現場で役立たない」とい…

  2. 自分の得意な場所、苦手な場所

    独立して仕事をする上で人脈は必須です。■どれだけの人数とお付き合いするか?どこまで深…

  3. 情報発信を続けられる、たった1つのシンプルな理由

    毎日のブログ、平日毎日のメルマガ、「良く続けられますね~」と本当に良く言われます。…

  4. ビジネスの肝は期待値コントロール

    以前、メンターの一人に「ビジネスの肝は何ですか?」と質問したことがあります。…

  5. 資格以外の技を持っていますか?

    資格を取ると、それ自体が1つのスキルになります。■中小企業診断士であれば、経営コンサルタ…

  6. 顧客に提案しまくっていますか?

    先日、仲間の1人がいい感じに顧客開拓をしまくっていました。それを見て、私はまだまだ提案が足りてい…

  7. コンサルタントは労働集約な仕事

    コンサルティングだけをやっていると、自分の事業が労働集約型の仕事だとつくづく思います。私…

  8. いきなりコンサルティングは売れません

    「独立してもコンサルティングが売れる気がしないんです。」先日、ある方から言われました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP