menu

技術力は、料理の素材のようなもの

LINEで送る
Pocket

「当社の強みは技術力です」

そう仰る経営者は多いです。
私はこのようなコメントをいただいたとき、質問をするようにしています。
「技術力」は顧客から見れば、直接的な「価値」にならないからです。

 

技術力は「強み」ではなく「独自資源」

顧客は技術力そのものを買うことはありません。
技術力があることによって、

  • 必ず納期が守られる
  • 他社よりも早く作ることができる
  • バグが少なく品質が高い
  • 要求変化への対応が早い
  • 早い割りに安い

などの、顧客にとっての直接的な価値が感じられるから買うのです。

顧客が競合他社ではなく、その会社を選ぶ理由が「強み」。
その「強み」を生み出す源泉となっているのが「独自資源」です。

経営者は顧客に選んでもらうための「強み」を磨くことだけでなく、
その「強み」を生み出すための「独自資源」を育てることを意識しなければなりません。
特に人材や技術力、信頼できるパートナー企業などは、時間をかけて育てていくものだからです。

 

素材を料理するように、技術力も顧客が感じられるように調理する

このように技術力とは、強み(=顧客に訴求できるもの)ではなく、独自資源です。
ですから「当社の強みは技術力」と仰る経営者に対して、私は質問をするのです。
独自資源である技術力を、顧客が価値と感じる言葉に置き換える必要があるからです。

料理における素材で考えてみましょう。
どんなに良い素材であっても、そのまま食べることは、あまりありません。
実際には切ったり、煮たり焼いたり、あるいは塩をつけたり、何らかの加工をするでしょう。
そうやって顧客が美味しい(=価値がある)と感じていただける状態に変化させるのです。

技術力も同じです。
そのままでは顧客に価値を感じてもらえません(=買ってもらえません)。
顧客に美味しいと感じていただけるように加工が必要なのです。

「その技術力によって、どのように顧客に喜んでもらえていますか?」
「それ(=高い技術力)は、顧客にどのように活かされましたか?」

このような質問によって、その加工のお手伝いをしています。

 

顧客にとって使いやすく伝える

加工をするとき、気にしているのが、顧客にとってその技術力を使うイメージが沸くか?です。

  • 自社サービスに興味を持ってもらうWebを作るとき
  • スマホアプリで店舗に誘導するプロモーションを仕掛けたいとき
  • 爆速のデータベースが欲しいとき
  • システムに遠隔地への災害対策を施したいとき
  • ITを触れない人でも扱えるPOSレジが欲しいとき

などなど、

  • 誰に使ってもらうのか?(顧客像、利用者像)
  • 何のために使うのか?(利用目的)

をイメージしていきます。
そういった先に、「○○だったら、あの会社だよね!」という風に、顧客に覚えてもらうのです。

ここまでお読みになれば、「我が社の強みは技術力です」ということは、
まだ顧客に何も伝えていないのに等しいことが、お分かり頂けるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
とある3日間のセミナー(というより道場)を申し込みました。
「精神と時の部屋 」状態になるので、ブログとメルマガをどうしようか悩み中です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

【私の履歴書】勝手に基準を引き上げられた中学時代のバレーボール

大学生と一緒に飲んで感じたこと

関連記事

  1. スマートフォンの功績

    こんばんは、渋屋です。今日は早朝と、ランチに、それぞれ診断士の同期合格者とお会いしました。合…

  2. 選挙の前に政治家の選択基準を持っておきたい

    もうすぐ選挙ですね。皆さんは、政治家をどのように選んでいますか?ドラッカ…

  3. やり方(ノウハウ)とあり方(To Be)のバランス

    毎日、様々な記事を書いてリリースしていると、読者の皆さんが強く望む記事と、そうでない記事の違いが…

  4. 弱みを放置すれば、組織は死に向かう

    かつての日本は量産型ザクの大量生産的な教育を施していました。同じくらいの平均点を取れる人間を作り…

  5. 「情報」を組織に循環させるためにやること

    前回は成長期にある会社が、社員数10人を超える辺りでぶち当たる問題について書きました。…

  6. 今こそIT屋は、戦略を求められている

    「攻めのIT」という言葉を経済産業省が使っています。日本は、欧米と比較すると、売上向上やビジ…

  7. Facebook投稿の範囲を自作する方法

    こんばんは。渋屋です。昨日に引き続き、Facebookネタです。…

  8. 事業が伸びないのは、パクリが足りないから

    昨日は、何かを身につけるなら、まずは誰かから学び質を高め、そして量をこなす必要があることを書きました…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP